2017年04月28日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド統合型ワークスペースへの道のり

従業員のモバイル化を阻む障壁を取り除くために、CIOは適切なアプリケーションを適切なユーザーに、適切な端末でタイミング良く必要な場所に届けなければならない。

[Andrew Garver,Computer Weekly]

 統合型ワークスペースは2つの曲がりくねった道が合流してできた。この旅は何十年も前に、企業にPCが導入されたときから始まり、長年、前途ははっきりしているように見えていた。仕事は働く場所で仕事用のマシンとアプリケーションを使って行われ、これがその人物の「職場」を構成していた。エンタープライズテクノロジーの分類が生まれ、成熟した。ITチームは一定のリズムに落ち着き、そして恐らく、時として惰性的になっていった。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 そこへスマートフォンが到来し、モバイルが爆発的に普及して、新しい道が発見された。モバイルが企業を引き付ける中で、多数の新しい疑問が浮上した。私物端末は業務用端末でもあるのか。そうした新しい端末は定着するのか。仕事とはわれわれが行く場所なのか、それともわれわれがやることなのか。確立したと思っていた技術分野はたちまち時代遅れになった。確立されたサプライヤーが衝撃的な速さで衰退し、新しいサプライヤーが取って代わった。

 ユーザーはもはや、モバイルを特異なものとは見なさなくなった。単純に、手元の端末が仕事に使う端末であると想定する。IT部門はアプリケーションとデータを端末の種類やOSに関係なく提供することによって、モバイル化を阻む障壁を取り除く責任がある。加えて、データセキュリティ対策には、情報へのアクセスをビジネスやITのポリシーに沿ったユーザーと場所、端末、時間帯にのみに限定するインテリジェントな保護を取り入れる必要がある。

 厳密には統合型ワークスペースとは、適切なアプリケーションを適切なユーザーに、適切な端末でタイミング良く必要な場所に届けることを指す。全てのアプリケーションを全端末に常時提供することではない。統合型ワークスペースの根幹をなす文脈的プロビジョニングは、端末、管理層、アプリケーション、IDサービス、バックエンドシステムを横断する。

オプションのマッピングアウト

 CIO(最高情報責任者)としては、統合型ワークスペースがITによる当初のモバイル化の取り組みをいかに拡大させ、ロードマップ計画に影響を及ぼすかを理解することに努めなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。