2017年10月25日 05時00分 公開
特集/連載

その署名、本当に本人ですかレジストリを2つ編集するだけでWindowsデジタル署名が無意味になる

セキュリティの基本は正しいものを通し悪いものを遮断することだ。「正しさ」はデジタル署名などで証明する。しかしWindows10でとある操作をすることでデジタル署名が無意味になるという。その真相を探る。

[Michael Heller,TechTarget]
画像 疑わしいデジタル署名?

 米セキュリティカンファレンスDerbyCon 7.0で講演した研究者によると、Windowsデジタル署名による保護は一般的なプログラム認証方法だが簡単に打破されてしまうため、これだけに頼ってプログラムの認証を行うべきではないという。

 米サイバーセキュリティ企業SpecterOpsのセキュリティ研究者マット・グレイバー氏は、レジストリキーに2つの簡単な編集を加えるだけで悪意のある攻撃者がWindowsデジタル署名のチェックを免れ、プログラムを実行する過程を実演した。

 同氏によるとデジタル署名の目的は、プログラムにデジタル署名をしたエンティティについての情報を提供し、そのバイナリの完全性を保証することにあるという。ここでいうエンティティは「デジタル署名でそのデータやプログラムなどが正式なものであると保証したい人」とする。ではデジタル署名のチェックを免れるとは例えばプログラムのデジタル署名後に、何らかの方法によってハッシュ値が一致しないように破損されたか、もしくはバックドアが仕掛けられたのだろうか?

Windowsデジタル署名が証明するものは安全性ではない?

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。