Windows 10は安全と言い切れる? 自衛のためのセキュリティ強化策5選HelloにDynamic Lock、他には?(1/2 ページ)

Windows 10は高いセキュリティ機能を備えているというが、それで十分なのか。またユーザー体験向上の目的で自動収集するデータは大丈夫なのか。本稿はそんな課題を持つ企業が“自衛”するための方法を紹介する。

2017年11月10日 05時00分 公開
[Kelly M. StewartTechTarget]
画像 セキュリティをコントロールしよう。

 Windows 10もリリースから時間がたち、わずかにほころびが見え始めている。Microsoftはゼロデイ攻撃対策を講じるなど、Windows 10のセキュリティ問題への対応に努めているが、ユーザーデータの転送、共有、収集など、企業レベルの細かい要望には応えきれていないように見える。だが幸い、企業自身が実践できる対策はある。

 例えば、Windowsが搭載している暗号化機能「BitLocker」やサードパーティー製ツールを使ってフルディスク暗号化を有効にすれば、ユーザーのデータや認証情報の保護を強化できる。バックアップを取得している場合でも、バックアップ自身の不備に備え、全てのデータとドキュメント、コードの安全を確保するワークステーションバックアップ(端末全体のバックアップ)も実施する必要がある。

 サードパーティー製アプリケーションやツールにソフトウェア修正プログラムを適用することも重要だ。Microsoftが提供する修正プログラムだけではサードパーティー製アプリは修正されず、そこが攻撃者の侵入路になる危険性がある。これ以外にも、Windows 10の安全性を高めるために実施できる対策は幾つもある。本稿では5つに絞り、紹介していこう。

1.「Microsoft Edge」を狙ったマルウェアへの対応

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...