2017年12月05日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイドSalesforceのリスクを低減する5つの手段

Salesforce.comの製品ポートフォリオ導入を検討しているITプロフェッショナルのために、ベストプラクティスを解説する。

[John R. Rymer, Liz Herbert, Kate Leggett,Computer Weekly]

 Salesforce.com(以下、Salesforce)が現在提供している8種類のアプリケーションとアプリケーション開発プラットフォームは、顧客データ、インサイト、パワフルな統合環境における運用管理に重点を絞っている。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 Salesforceの製品は当初、ハイペースな革新が歓迎されて普及が進み、需要が高まったが、導入が進むと反応はしぼんで価値が揺らいでいる。

 米国のある大規模公共機関は、クラウドファースト指向によって何もかもが悪い方向へと転換していた際に、1つの部門がSalesforceの主力製品である顧客関係管理(CRM)アプリケーションを使って成果を挙げていた。

 「自分たちが何をするかはほとんど問題ではなかった。アプリをクラウドとSalesforce製品に乗せれば成功する、というのが当時の考え方だった」。同庁のSalesforceセンターオブエクセレンス(CoE)責任者はそう振り返る。

減速

 同庁は、瞬く間に約1万2000のSalesforceシートを7つの「org」(アカウント)に追加し、大幅にカスタマイズして、多数のカスタムアプリケーションを加えた。この拡張が進展すると、同庁の中核的なSalesforceアプリの革新は減速し、運用コストは上昇した。エンタープライズプロセスや導入済みアプリの更新や変更も鈍化したものの、まだ孤立した新しいアプリケーションを手早く立ち上げることはできた。

 同庁のCoE責任者は言う。「(Salesforceに)カスタムコードを追加し始めると、変更を行う開発者が必要になる。そしてSalesforceを維持するためのコストがかさむようになる」

 残念ながら、この状況は1カ所にとどまらない。多くのITプロフェッショナルが同じような道をたどってきた。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...