2018年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

VR導入事例HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功

Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。

[Lis Evenstad,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Royal London Hospitalの外科医が世界の他の地域にいる外科医の協力を受け、仮想現実(VR)を使って患者の手術を行った。

Computer Weekly日本語版 2月7日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 結腸直腸外科医シャフィ・アーメド医師は、インドのムンバイと英国のロンドンにいる外科医の支援を仰ぎ、大腸がんの組織を患者から切除する手術を行った。

 Royal London HospitalはBarts Health NHS Trustが運営する病院だ。この病院では、手術室に居合わせていない外科医がMicrosoftの「HoloLens」を使って手術現場に「仮想的に現れ」手術室に一緒に居るかのようにアバターとしてコミュニケーションした。

 アーメド医師によると、これはテクノロジーと医療を真に融合する一例だという。「当院では、時差を超えてリアルタイムに世界中の専門家を集め、手術を安全に行い、患者に最高の治療効果を確保できることを実証し、外科診療を民主化している」と同医師は話している。

 「拡張現実や仮想現実には大きな可能性がある。それはNHSでの事例にとどまらない。発展途上国でのアクセスの容易性、公平性、安全性を向上するためのコラボレーションの促進にもつながる」

 ムンバイのTata Memorial Centreのがん外科医シャイレッシュ・シュリカンド医師とBMI The London Independent Hospitalの結腸直腸外科医ヒテッシュ・パテル医師は、手術中、手術室に浮かぶ患者のスキャン像を3Dホログラムの形で見ることができ、そのイメージを実際に思い描くことができた。

 パテル医師によれば、HoloLensを初めて使用したので慣れるまでに少し時間がかかったという。だが、こう付け加えた。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...