2018年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功VR導入事例

Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。

[Lis Evenstad,Computer Weekly]

 Royal London Hospitalの外科医が世界の他の地域にいる外科医の協力を受け、仮想現実(VR)を使って患者の手術を行った。

 結腸直腸外科医シャフィ・アーメド医師は、インドのムンバイと英国のロンドンにいる外科医の支援を仰ぎ、大腸がんの組織を患者から切除する手術を行った。

 Royal London HospitalはBarts Health NHS Trustが運営する病院だ。この病院では、手術室に居合わせていない外科医がMicrosoftの「HoloLens」を使って手術現場に「仮想的に現れ」手術室に一緒に居るかのようにアバターとしてコミュニケーションした。

 アーメド医師によると、これはテクノロジーと医療を真に融合する一例だという。「当院では、時差を超えてリアルタイムに世界中の専門家を集め、手術を安全に行い、患者に最高の治療効果を確保できることを実証し、外科診療を民主化している」と同医師は話している。

 「拡張現実や仮想現実には大きな可能性がある。それはNHSでの事例にとどまらない。発展途上国でのアクセスの容易性、公平性、安全性を向上するためのコラボレーションの促進にもつながる」

 ムンバイのTata Memorial Centreのがん外科医シャイレッシュ・シュリカンド医師とBMI The London Independent Hospitalの結腸直腸外科医ヒテッシュ・パテル医師は、手術中、手術室に浮かぶ患者のスキャン像を3Dホログラムの形で見ることができ、そのイメージを実際に思い描くことができた。

 パテル医師によれば、HoloLensを初めて使用したので慣れるまでに少し時間がかかったという。だが、こう付け加えた。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...