医療ITのスタートアップ企業が医療業界に参入する余地はあるか?技術が人に与える影響を掘り下げる

2018年の医療情報管理システム学会(HIMSS)にて、医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、デジタルトランスフォーメーションや、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーとの関わりについて見解を語った。

2018年06月08日 05時00分 公開
[Scott WallaskTechTarget]

関連キーワード

医療IT | データ分析 | 電子カルテ


インドゥ・サベイヤ氏 インドゥ・サベイヤ氏

 医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーが相互に影響する仕組みについて、見解を簡単に示した。医療IT分野において、サベイヤ氏は医療情報管理システム学会(The Health Information and Management Systems Society:HIMSS)でHealth 2.0部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めている。このHealth 2.0部門は、新しい医療技術やベンダーに関する市場調査やカンファレンスの運営を担っている。サベイヤ氏は映画製作者でもあり、短編映画の脚本や監督もしている。

 サベイヤ氏は2018年3月5〜9日に開催したHIMSSカンファレンスでTechTargetのインタビューに答えた。このインタビューでは、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションの意味や、スタートアップ企業が医療業界に参入する方法について意見を聞いた。

編注:本稿はこのインタビューの抜粋です。

――医療ITには現在、エンタープライズレベルの企業が多数参入しています。スタートアップ企業の目から見ると、この分野は近寄り難い印象があります。医療ITのスタートアップ企業がこの業界に参入する余地は残されていますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...