2018年06月08日 05時00分 公開
特集/連載

医療ITのスタートアップ企業が医療業界に参入する余地はあるか?技術が人に与える影響を掘り下げる

2018年の医療情報管理システム学会(HIMSS)にて、医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、デジタルトランスフォーメーションや、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーとの関わりについて見解を語った。

[Scott Wallask,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | データ分析 | 電子カルテ


インドゥ・サベイヤ氏 インドゥ・サベイヤ氏

 医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーが相互に影響する仕組みについて、見解を簡単に示した。医療IT分野において、サベイヤ氏は医療情報管理システム学会(The Health Information and Management Systems Society:HIMSS)でHealth 2.0部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めている。このHealth 2.0部門は、新しい医療技術やベンダーに関する市場調査やカンファレンスの運営を担っている。サベイヤ氏は映画製作者でもあり、短編映画の脚本や監督もしている。

 サベイヤ氏は2018年3月5〜9日に開催したHIMSSカンファレンスでTechTargetのインタビューに答えた。このインタビューでは、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーションの意味や、スタートアップ企業が医療業界に参入する方法について意見を聞いた。

編注:本稿はこのインタビューの抜粋です。

――医療ITには現在、エンタープライズレベルの企業が多数参入しています。スタートアップ企業の目から見ると、この分野は近寄り難い印象があります。医療ITのスタートアップ企業がこの業界に参入する余地は残されていますか。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...