2018年06月23日 05時00分 公開
特集/連載

「GitHub」で2018年2月に一般公開iOSを起動させる「iBoot」のソースコード流出はなぜ起きた? セキュリティへの影響を解説

iOSデバイスが搭載する「iBoot」のソースコードが2018年2月、「GitHub」で一般公開された。そのいきさつとiOSのセキュリティに及ぼす影響を解説する。

[Michael Cobb,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | 脆弱性対策 | 脆弱性


画像

 Appleの「iOS」デバイスに搭載されている起動プログラム「iBoot」のソースコードが2018年2月、ソースコード共有サイト「GitHub」で一般に公開された。ソースコードの流出はどのくらい重大な事態なのか。iBootに対して潜在的にどんな影響を及ぼしたのか。振り返ってみよう。

 iOSデバイスが起動する際、プロセッサは即座に「Boot ROM」というROMに格納されている起動プログラムを実行する。Boot ROMはプロセッサ製造の過程で設計され、暗黙に信頼されている。このBoot ROMに含まれるAppleのルート証明書(認証局が自身に対して発行するデジタル証明書)は、iBootを起動するためのプログラム「Low-Level Bootloader」(LLB)を読み込むためのデジタル署名の検証に使う。

 iBootは、iOSの最も基本的なレベルで完全性の検証を担う。その後Appleのデジタル署名が入ったソフトウェアのみを読み込み、続いてiOSがフル起動する。iBootのような起動プログラムは、OSの安全性を保つために欠かせない。そのソースコードが一般に流出したことで、iOSデバイスのセキュリティは脅かされるのか。

 汎用(はんよう)プログラミング言語のC言語で書かれたiBootのソースコードは2017年、まずソーシャルニュースサイト「Reddit」の、「Jailbreak」(脱獄:Appleの管理下から逃れること)に関するサブフォーラムに投稿された。投稿者が新規ユーザーで、Redditでほとんど知名度がなかったことから、当時はほとんど注目を集めなかった。ところがこれがGitHubに登場するとビッグニュースになった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...