2019年03月13日 05時00分 公開
特集/連載

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になるAIが職場を変える

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

[Kassidy KelleyTechTarget]

 自然言語処理(NLP)で進化したチャットbotを活用して、社内のITサービス管理などの業務を効率化する鍵はマルチタスクだ。設計とパーソナリティーと対話性を考慮して開発すれば、botは単なるテクノロジーではなく従業員を助ける労働力になる。

 人工知能(AI)技術が職場で長期的に受け入れられるようにするためには、従来のチャットbotよりも、ユーザーがデザインできて柔軟な自然言語と質問を解釈できるAI対応の会話エージェントが効果的だ。

CINDE

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...