2019年03月13日 05時00分 公開
特集/連載

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になるAIが職場を変える

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

 自然言語処理(NLP)で進化したチャットbotを活用して、社内のITサービス管理などの業務を効率化する鍵はマルチタスクだ。設計とパーソナリティーと対話性を考慮して開発すれば、botは単なるテクノロジーではなく従業員を助ける労働力になる。

 人工知能(AI)技術が職場で長期的に受け入れられるようにするためには、従来のチャットbotよりも、ユーザーがデザインできて柔軟な自然言語と質問を解釈できるAI対応の会話エージェントが効果的だ。

CINDE

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。