2019年03月13日 05時00分 公開
特集/連載

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になるAIが職場を変える

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

 自然言語処理(NLP)で進化したチャットbotを活用して、社内のITサービス管理などの業務を効率化する鍵はマルチタスクだ。設計とパーソナリティーと対話性を考慮して開発すれば、botは単なるテクノロジーではなく従業員を助ける労働力になる。

 人工知能(AI)技術が職場で長期的に受け入れられるようにするためには、従来のチャットbotよりも、ユーザーがデザインできて柔軟な自然言語と質問を解釈できるAI対応の会話エージェントが効果的だ。

CINDE

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...