2019年03月13日 05時00分 公開
特集/連載

自然言語処理(NLP)で進化したbotはデジタルワーカーとして戦力になるAIが職場を変える

自然言語処理(NLP)によって意図解釈を行い、bot技術の効用を高めるチャットbotが登場している。会話技術を進化させたbotはデジタルワーカーとして戦力になる。

[Kassidy Kelley,TechTarget]

 自然言語処理(NLP)で進化したチャットbotを活用して、社内のITサービス管理などの業務を効率化する鍵はマルチタスクだ。設計とパーソナリティーと対話性を考慮して開発すれば、botは単なるテクノロジーではなく従業員を助ける労働力になる。

 人工知能(AI)技術が職場で長期的に受け入れられるようにするためには、従来のチャットbotよりも、ユーザーがデザインできて柔軟な自然言語と質問を解釈できるAI対応の会話エージェントが効果的だ。

CINDE

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...