2019年03月21日 05時00分 公開
特集/連載

管理者が知っておきたい「Windows Server 2019」の新機能と機能強化機械学習の導入やストレージ管理機能が強化(2/2 ページ)

[Kristen Gloss,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Windows Serverのストレージ関連機能の強化

 Windows Server 2019ではストレージ管理機能を強化し、データの移行やストレージ使用の最適化が簡単にできるようになった。

 新機能の「Storage Migration Service」は、オンプレミスやクラウド上の新しいWindows Serverにデータを移行する際の煩雑な作業を解消する。このサービスのグラフィカルなツールでデータの転送をすれば、同じ構成とセキュリティプロトコルを自動的に維持できる。Windows Serverストレージ移行はWindows Admin Centerコンソールから管理可能だ。

 また、今回のリリースでは「記憶域スペースダイレクト」(Storage Spaces Direct)の機能を強化した。記憶域スペースダイレクトはローカルストレージをNASやSANアレイの代わりに使用する機能だ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...