攻撃者の狙いは「交通網の混乱」? 英国バス会社はどう対処した?サイバー攻撃が現実世界にもたらす混乱【前編】

英国の大手バス会社Go-Ahead Groupは、サイバー攻撃の被害に遭ったことを公表した。どのような影響があったのか。攻撃の発覚後、同社が取った行動とは。

2022年10月17日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 英国のバス会社大手Go-Ahead Groupは、社内の重要システムを停止させたとみられるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。同社はフランチャイズ方式で事業を運営しており、ロンドンやブライトン、ハル、ニューカッスル、オックスフォード、プリマスなどの都市でバスを運行している。

英国の大手バス会社はサイバー攻撃にどう対処した?

 2022年9月5日(現地時間)、Go-Ahead Groupは同社のネットワーク内で不正な活動を検出した。同社は鉄道運行事業も手掛けているが、そちらについては攻撃による影響は出ていないという。

 Go-Ahead Groupによると今回の攻撃により、バスの車両と運転手のシフト勤務管理や、給与計算などのシステムに影響が及んだ可能性があるという。運航するバスの車両や運転手が誤った時間や場所に配備されることで、ストライキ発生時のような交通網の混乱につながる恐れがある。

 同社は今回のインシデントを検知した直後に外部のフォレンジック(サイバー攻撃の法的証拠の収集)専門家と連携し、自社のITインフラに予防措置を講じた。Go-Ahead Groupの広報担当者は、「引き続きインシデントの性質や影響範囲を調査すると同時に、インシデント対応計画に沿って対処する」と話す。

 Go-Ahead Groupは英国の政府機関である情報コミッショナー事務局(ICO:Information Commissioner's Office)といった関係規制当局に、今回のインシデントについて報告した。同社の取締役会は必要に応じて今後も新しい情報を提供すると表明している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。