ロシア系攻撃集団が狙う「Microsoft Office」の脆弱性 なぜ危ない?Microsoft製品の危ない欠陥【第1回】

「Microsoft Office」に脆弱性が見つかり、企業が攻撃を受けるリスクが高まっている。見つかった脆弱性はなぜ危険なのか。誰が悪用して攻撃を仕掛けようとしているのか。基礎情報を抑えよう。

2023年09月14日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 Microsoftは2023年7月11日(米国時間)、オフィススイート「Microsoft Office」などの同社製品について、任意のプログラムを実行できる脆弱(ぜいじゃく)性を公表した。セキュリティ専門家は、ロシア系のサイバー犯罪集団「Storm-0978」(別名「RomCom」)が今回の脆弱性を悪用して攻撃を仕掛けていると警鐘を鳴らす。脆弱性の特徴を見てみよう。

「Microsoft Office」の脆弱性はなぜ危険? 攻撃集団Storm-0978とは

 今回の脆弱性「CVE-2023-36884」は、Microsoft Officeの他、複数バージョンのOS「Windows」およびサーバ用OS「Windows Server」を含む約40製品に影響する。攻撃者はCVE-2023-36884を悪用して作成した悪質な「Word」ファイルを標的に開かせることで、標的のシステムに入り込み、任意のプログラムを実行できるようになる。

 Storm-0978はランサムウェア(身代金要求型マルウェア)を使い、金銭目的や恐喝を目的とした攻撃を実施している集団だ。ロシアの諜報機関と関係があるとみられる。Storm-0978は欧州や北米において、企業や政府機関、軍隊関連の組織を主な標的にしている。最近はウクライナを積極的に攻撃しているという。


 第2回は、CVE-2023-36884を受け、企業が講じるべき対策を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。