TechTargetジャパン

古いWAN設計ではもう間に合わない
「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか
クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。(2017/11/20)

使いやすさとセキュリティを両立
モバイル時代のネットワーク構築、まず何から手を付ける?
モバイルワーカーの増加により、企業はインフラの見直しと、モバイルネットワークの設計時の検討事項に新しい機能を追加せざるを得ない。(2017/10/27)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
仮想化が目指すのは「自動販売機」、数クリックで仮想マシンを生成・管理
アプリケーションが急増し、IT部門の負担が高まる中、企業には仮想化環境の効率的な導入・運用が求められている。単に構築が容易なだけでなく、仮想マシンを自動販売機のように生成・管理するクラウドレベルの効率化が必要だ。(2017/5/26)

IT投資動向調査で明らかに
「SD-WAN」だけではない、技術者が真っ先に取り組むべきネットワーク課題とは
TechTargetの調査「IT Priorities Survey」で、SD-WANや仮想化に重点を置くネットワークエンジニアが増えていることが分かった。だがレガシー技術に関する問題も解決すべき課題の上位を占めている。(2017/3/30)

「壊れていないものは修理しない」皆さんへ
Windows 10移行“見送り派”ユーザーがWindows 7を安心して使い続けるには?
「Windows 10」にアップグレードせずに「Windows 7」を生き永らえさせたいなら、ディスク領域のクリーンアップやセキュリティ更新などのベストプラクティスを実施しよう。(2017/3/9)

注目技術の行方
競争が激化するSD-WAN市場、2017年に注目すべき7つのトレンド
2016年はSD-WAN技術が飛躍的に進歩して普及に勢いが付いた。用途やサプライヤーの数も増えている。2017年のSD-WANの展望について7つのトレンドを紹介する。(2017/2/9)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

EvernoteがDropboxより進化している理由
「データを認識できるストレージ」が企業システムを“勝手に”最適化する
ストレージシステムが自分に保存しているデータの詳細を把握できるようになったとき、アプリケーションも相性に合わせた最適な使い方を自ら選べるようになるという。(2016/11/22)

ネットワーク機器を仮想化
なぜ今、ネットワーク機能仮想化(NFV)が必要なのか
ルーターやロードバランサーなどのネットワーク機器を仮想化し、通常のサーバ上で実行するネットワーク機能仮想化が注目されている。(2016/11/8)

衛星電話も「小さく」「安く」なった
「飛行機からインターネット」を支える「衛星データ通信」入門
衛星回線や衛星データ通信接続について、どこでも使えるメリットとそのコストを考えるために知っておくべきことを確認しておこう。(2016/9/28)

データ保護/セカンダリストレージまで
広がる「ハイパーコンバージド」の波と、ベンダーのざわめき
ハイパーコンバージドインフラはプライマリストレージに影響を与えているが、ベンダーはこのインフラのコンセプトをデータ保護にも応用しようとしている。(2015/9/17)

急増する新規参入ベンダー
2015年に最も注目されるSDNテクノロジー「SD-WAN」、導入本格化はいつ?
SD-WANが話題だ。しかし、米TechTargetが最近行った調査では市場の新規参入/既存ベンダーの数とは裏腹に、2015年にSD-WANが実際に導入される件数は限られていることが明らかになった。(2015/8/17)

SDNをレイヤー4-7に【前編】
大手ベンダーも注目、ネットワークオーケストレーションとは何か
Software Defined Data Centerおよびクラウドによって、プロビジョニングとライフサイクル管理を自動化するためのレイヤー4-7ネットワークオーケストレーションツールの必要性が高まっている。(2015/5/14)

識者に聞く「次なる投資先」
モバイルとクラウドで「風が吹けば桶屋」的に成長中のネットワーク分野とは?
今、ネットワーク機器の領域で何が起こっているのか。注目すべき製品の“売り”と“買い時”は? IDC Japanのリサーチ担当者に聞いた。(2014/9/24)

低価格のWAN最適化装置、Ciscoのレイオフ他
10分で分かる世界のネットワーク業界最新事情
米Array Networksがリモートオフィス向けWAN最適化装置をリリース、米Cisco Systemsが戦略推進に向けてレイオフを発表など。トピックめじろ押しとなった2014年8月のネットワーク関連ニュースをまとめ読み。(2014/9/22)

見落としがちなROIとパフォーマンスのポイント
仮想デスクトップ導入について、あなたが恐らく気付いていないこと
「VDI(仮想デスクトップ)導入ではROIとパフォーマンスが大事」。その通りだ。だが、この説明だけではカバーできない、もっと重要なことがある。(2014/2/27)

大量データ転送を半日から1時間に
ドラゴンクエスト、FFの開発も支えた、スクウェア・エニックスのWAN高速化秘話
グローバル体制でゲームコンテンツ開発を進めるスクウェア・エニックスでは、海外拠点との開発データ共有に課題を抱えていた。これを一気に解決したのが、リバーベッドテクノロジーのWAN最適化ソリューションだった。(2013/8/20)

特効薬は重複排除の徹底によるスループット向上
“遅いWAN”を放置してはいけないこれだけの理由
日次バックアップが1日で終わらない。ファイルサーバを統合したらアクセスが遅くなった――。WANのパフォーマンス不足が招く問題は数多い。その確実な解決策とは?(2013/2/14)

複雑化したシステムのパフォーマンスをどう守るか【第1回】
【導入効果】仮想化・クラウド時代のシステム障害対策「アプリケーションパフォーマンス管理製品」
仮想化、クラウドによりITシステムが複雑化している今、運用管理には「業務部門のスタッフやeコマースなどを利用する消費者にとって、システムは快適に使えているか」というエンドユーザーの視点が不可欠となる。(2012/11/9)

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【後編】
VXLANゲートウェイが生み出す新たな課題とは
VXLANゲートウェイを使った既存環境と仮想ネットワーク環境の混在運用は、ネットワークの段階的な進化を可能にするものの、これまでには考えることのなかった問題も生み出す。今回はこれを説明する。(2012/10/22)

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【前編】
物理と仮想のネットワークをつなぐVXLANゲートウェイ
「VXLANゲートウェイ」と呼ばれる製品が続々登場している。VXLANというプロトコルで形成する仮想ネットワークと、従来型のネットワークとの間で変換を行うものだ。その運用には課題もある。(2012/10/15)

リモートコラボレーション実現の一手
「悪名高い」SharePointを快適にするWebコンテンツ最適化技術
Webベースのファイル共有ソフトウェアやコラボレーションソフトウェアが普及する中で、アクセス環境によるパフォーマンスが気になる人は多いだろう。SharePoint Serverを例にWebコンテンツ最適化技術の効果を解説する。(2012/7/13)

ホワイトペーパーレビュー
WAN高速化の導入効果が分かる3つのホワイトペーパー
トラフィック増などによるWANのパフォーマンス低下を防ぐ「WAN最適化製品」。本稿は、WAN高速化製品の導入効果を解説した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/5/21)

企業無線ネットワークの80%が2015年には陳腐化
BYOD導入でスマートデバイスが企業の無線LAN帯域を圧迫
BYODを導入するとWi-Fiに接続する端末が増大し、既存の無線LAN帯域を圧迫することになる。既にこの問題に直面している米国企業もある。(2012/4/19)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、クラウド&SaaSで最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
2011年は東日本大震災の影響からか事業継続のためのクラウド活用を記したホワイトペーパーが人気を集めた。クラウド&SaaSに関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった10コンテンツを発表する。(2012/1/11)

価格は一般的なWAN最適化製品の1/10〜1/20
1000ドルを切るWAN最適化装置「nano|engine」は市場を変えるか?
IpanemaのWAN最適化装置「nano|engine」は、「支社向け」とはいえ競合製品の10分の1〜20分の1に当たる1000ドル以下という価格を実現し、市場にインパクトを与えている。これは低価格化の始まりなのか?(2011/12/7)

無線WANサービスをめぐる5つの誤解(前編)
「3G無線WANは遅くて不安定」という誤解
3G/4G回線をWANとして活用することに抵抗を覚える企業は多い。だが、懸念点の中には誤解も含まれている。前編では、2つの誤解を明らかにする。(2011/10/27)

HTMLの書き換えによるネットワークの効率化
HTMLコードの自動最適化によるWebアプリのパフォーマンス向上
パフォーマンスが低いWebアプリケーションを改善するには? WAN最適化によって高速化を図る従来の方法とは異なり、ネットワーク効率の観点からHTMLコードを最適化する方法が注目を集めている。(2011/10/11)

セキュリティ対策・管理方法を知る
「紛失・盗難対策」「リモートアクセス環境の構築」「ネットワーク帯域の増強」「ユーザー端末の一元管理」など、スマートデバイスの導入・活用をする上で押さえておきたい情報を紹介する。(2011/7/10)

独自プロトコルでタブレットに最適化
タブレット向けモバイルWAN最適化製品登場
タブレットでも信頼性の高いネットワーク接続を実現するため、タブレット用のWAN最適化製品が登場した。限られたリソース下で、どのように実現しているのだろうか?(2011/5/27)

無償配布中に機能をチェック
WAN最適化仮想アプライアンス「NetEx HyperIP」、無償配布中
米NetExが、仮想アプライアンスのWAN最適化ソリューションを無償配布している。大量のデータ転送を最適化することで、ディザスタリカバリにもうってつけだ。(2011/5/26)

NEWS
フォーティネット、1筐体で最大480Gbpsのスループットを実現するネットワークセキュリティ
最大12枚のセキュリティブレードと2枚のネットワークブレードを搭載可能なシャーシ型ネットワークセキュリティ製品を国内初投入する。(2011/3/4)

「WAF」製品紹介【第4回】シトリックス・システムズ編
L7スイッチとも連携可能なWAF「Citrix NetScaler Application Firewall」
シトリックスはWAFの技術をL7スイッチング機能を持つNetScalerとハードウェア/OSを共用して連携することで、Webサイトに必要となる機能を統合的に実現している。(2011/2/23)

WAN高速化製品一覧
WAN越しのアプリケーション利用でレスポンスが悪い。それを解消するのがWAN高速化装置である。クラウド時代に活用の場が広がるWAN高速化製品の一覧を掲載する。(2011/1/21)

ネットワーク製品一覧
現在、企業のICT基盤としてなくてはならないネットワーク。ルータ/スイッチ、ネットワーク管理機器、VPNといった通信インフラを構成する製品の一覧を掲載していく。(2010/11/1)

NEWS
3G接続に対応したローエンド版UTM「FortiGate-60C」
独自のSoCを初搭載し、最大スループットは1Gbpsを記録。低価格ながらエンタープライズ版に匹敵するパフォーマンスを提供するとしている。(2010/7/30)

NEWS
ブルーコート、「データ保護と導入の容易さを追求」したDLP製品
ブルーコートは同社初となるDLPを発表した。法を順守した徹底的なデータ保護を実現しながら、導入・設置が容易にできる点を特徴としている。(2010/6/24)

Interop Tokyo 2010リポート
Interopで見た、クラウド時代に求められるセキュリティ製品
2010年6月7日から11日の5日間、千葉県・幕張メッセで開催された「Interop Tokyo 2010」。本稿では、展示会で初お披露目された製品など、セキュリティの観点で注目した企業の展示を紹介する。(2010/6/15)

導入前に検討すべきポイント
クラウドストレージの5つのベストプラクティス
クラウドストレージへの移行の効果を最大限に高めるのに役立つベストプラクティスを5つ紹介する。(2010/5/19)

NEWS
ブルーコート、WAN最適化アプライアンスにソフトウェア版を投入
Windows Server 2008などで動作。VMware ESXにも対応し、アプリケーション配信の最適化、運用コストの低減、インフラの柔軟性向上が図れるとする。(2010/3/17)

NEWS
リバーベッドがWAN最適化装置のSSD搭載モデル、性能管理ツールとの連携も可能に
ディスク障害時の耐久性を強化したSteelhead 7050と、企業ネットワーク/アプリケーションの異常を早期検知・報告するCascade 8.4を発表。両製品の連携も可能にした。(2010/3/11)

NEWS
ラドウェアがAlteonの新シリーズ、20Gbpsの広帯域モデルを投入
買収したAlteonの技術を生かしつつ独自のプラットフォームを採用したことで、ハードウェアを交換する必要なくスループットなどの拡張が可能になった。(2010/3/4)

NEWS
ブルーコート、WAN高速化装置でIPv6に対応
主力製品「Proxy SG」シリーズにてIPv6ベースのWAN高速化/プロキシ利用が可能になった。移行期となるIPv4/v6混在環境においてシームレスなアプリケーション利用が可能になるという。(2010/2/17)

NEWS
F5、SSL VPN/WAN高速化を兼ね備えた新機軸のリモートアクセス製品
F5ネットワークスジャパンは、モバイルユーザー向けにSSL VPNとアプリケーション配信最適化の機能を併せ持つBIG-IPブランドのリモートアクセス製品を発表した。(2010/2/4)

NEWS
マクニカネットワークス、WAN高速化製品にも対応した統合リポーティングツールの最新版
マクニカネットワークスは、Blue Coat PacketShaper/ProxySG向け統合リポーティングツールの最新版「LaLaViewer V3.0」を発表した。各製品単体では実現が難しかった1分間隔の統計情報の取得や長期保存、グラフ表示などに対応した。(2010/1/13)

NEWS
ブルーコートが新戦略、WAN高速化製品の仮想化やクラウド提供も
ブルーコートシステムズは、2010年にWAN高速化などの自社製品を仮想ソフトウェアやクラウドサービスとして提供する意向を示した。(2009/12/17)

NEWS
シスコが拠点向けルータの新機種、ルータの「統合サーバ化」進める
シスコは拠点向け統合ルータ「ISR G2」をリリースした。アーキテクチャを大幅に改良し、複合サービスエンジンを強化することで、音声やビデオなど多様なアプリケーションが利用可能となった。(2009/10/22)

NEWS
ブルーコート、支店からの“トラフィック逆流”を防ぐセキュリティ装置
WAN回線上で支店からセンター側へトラフィックが逆流するバックホールを抑制するプロキシアプライアンスが発売。マルウェア対策機能も利用することができる。(2009/3/19)

NEWS
ブルーコート、独自アプリも可視化するPacketShaperの新バージョン
ブルーコートは帯域管理装置「PacketShaper」をバージョンアップし、カスタムアプリケーションの帯域制御を可能にした。(2009/2/26)

NEWS
HPが「ブレードのノウハウをつぎ込んだ」LANスイッチ、データセンター向けに最適化
日本HPはデータセンターでの運用に最適化したL3 GbEスイッチ「ProCurve 6600」を発表。同時に、スイッチにVoIPやWAN最適化などのアプリ機能を追加して統合利用するソリューションも展開する。(2009/1/30)