2019年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

ビジネスでの可能性は「料金が高くても5Gに変える」が7割以上 そこまでして得たいメリットは

「5G」の導入に前向きな企業は、仮にコストが上がることが分かったとしても、導入を諦める気はないようだ。企業が5Gに期待するのは、ネットワークのデータ伝送速度と信頼性の向上などだ。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク | WAN高速化


画像

 「5G」(第5世代移動体通信システム)の市場は未成熟だ。それにもかかわらず、ビジネスの意思決定権者の約57%が、2020年までに5Gのネットワークサービスを導入する可能性が高いと回答している。

 調査会社のHarrisXは、5Gに関する新しい調査プログラム「5G Intelligence Platform」を立ち上げた。5G Intelligence Platformの調査結果によって、5Gが自社のネットワーク強化に大いに役立つ可能性があることを、企業が認識しつつあることが明らかになった。

 企業は無線ネットワークサービスを提供する通信事業者を選択する際、5Gを重要項目として検討し始めている。5Gがそのコストに見合う価値をもたらすだろうと考えている企業関係者は少なくないようだ。5G Intelligence Platformの調査を総合的に見ると、ビジネスの意思決定権者は5Gの登場を好意的に捉えており、5Gが企業にもたらすメリットを強く確信していることが分かる。

 5G Intelligence Platformの調査では、ビジネスの意思決定権者の約88%が5Gの存在を知っていると回答した。これに対し、自身の業界に5Gがメリットをもたらすと考えている回答者は約半数だった。5Gが最も大きなメリットをもたらす主要な業界としては、電気通信、救急サービス、運送、医療などが挙がっている。これらの業界は、5Gに期待されるメリットであるネットワークサービスのデータ伝送速度と信頼性に大きく依存しているためだ。

 全回答者の中で、5Gの活用に関する理解度が最も高かったのは、ビジネスの意思決定権者だった。そのほとんどの回答者は、無線ネットワークサービスを提供する通信事業者を選択する際に、5Gを重視すると回答している。回答者が挙げた5Gのネットワークサービスを提供する主要な通信事業者はVerizon WirelessとAT&Tだ。約33%の回答者がVerizon Wirelessを挙げ、約31%の回答者がAT&Tを挙げた。両者の差はごくわずかで、競争においては対等の関係にある。

 企業は、5Gのメリットに大きな期待を寄せており、たとえ通信事業者を変更することになっても構わないと考えているようだ。回答者の約47%が、5Gによって得られる可能性のある利点を享受できる可能性があるのであれば、通信事業者を乗り換えたいと回答している。2020年までに5Gのネットワークサービスを契約する計画があると回答した企業は、半数以上に上る。

企業にとっての5Gのメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...