2020年10月07日 05時00分 公開
特集/連載

「テレワークのためのクラウド導入」に失敗しないためにやるべきことテレワークのためのクラウド導入ガイド【後編】

在宅勤務などのテレワークを実現する上で、クラウドサービスは大いに役立つ。クラウドサービスのメリットを引き出すために、導入時に考慮すべき点を紹介する。

[Ryan Dowd,TechTarget]

 クラウドサービスはオンプレミスのシステムよりも導入が容易なことから、在宅勤務などのテレワーク実現のために導入する動きが広がっている。前編「クラウド初心者に贈る『テレワークのためのクラウド導入』のヒント」に引き続き、テレワークのためのクラウドサービス導入のヒントを紹介する。

ヒント3.フロントエンドにクラウドサービスを利用

 アプリケーションのフロントエンドをクラウドサービスで構築することは、クラウドサービス導入の第一歩だ。クラウドサービスで構築できるフロントエンドの例として、次の3つがある。

  • ユーザー認証
  • 各エンドユーザーがアクセスできるアプリケーションのリスト
  • 各アプリケーションのGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)

 クラウドサービスでフロントエンドを構築すると、IT担当者の従来の作業をあまり変えずに、アプリケーションの拡張性を高めることができる。重要なアプリケーション全体をクラウドサービスに移行させる必要はない。オンプレミスのアプリケーションへのアクセスを、クラウドサービスに構築したフロントエンドで仲介すればよい。

 テレワーク中の従業員が社内のアプリケーションにアクセスできるようにするために、VPN(仮想プライベートネットワーク)を用意する企業は少なくない。ただしVPNには、ネットワークに過大な負荷がかかったり、マルウェアの侵害を受けたりして、ビジネスに支障が発生するリスクがある。VPNはインフラの調達や導入作業が必要だったり、テレワーク中の従業員全員が利用できるとは限らなかったりする。クラウドサービスでフロントエンドを構築する方が、高いスケーラビリティと復旧のしやすさを実現できる。

ヒント4.レイテンシの低減

 企業のWANにおける長年の課題はレイテンシ(遅延)の低減だ。テレワークによって従業員が各地に分散すると、ネットワークの能力を見直す必要が生じる。テレワークを前提とすると、レイテンシは従業員の所在地に左右される。テレワーク中の従業員がさまざまな地域にいる場合、レイテンシを考慮したネットワークを整備する必要がある。

 レイテンシを低減する有力な手段に「SD-WAN」(ソフトウェア定義WAN)がある。SD-WANは、WAN最適化製品と「SDN」(ソフトウェア定義ネットワーク)を組み合わせて進化させた技術だ。

ヒント5.クラウドバックアップの導入

 バックアップシステムの機能をクラウドサービスとして利用できる「クラウドバックアップ」は、IT担当者がデータセンターで作業することなくバックアップを実現する手段となる。クラウドバックアップを導入すれば、IT担当者はコンプライアンスを維持しながら、クラウドベンダーが管理するバックアップ機能を利用できるようになる。クラウドバックアップは一般的に、ディザスタリカバリー(DR)機能も提供する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...