2012年11月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル向けアプリ開発の選択肢【前編】モバイルアプリ比較:ネイティブアプリとクラウドアプリはどちらが優位か

モバイルアプリ開発で焦点となるのは、アプリのタイプとしてネイティブアプリを選ぶか、クラウドアプリを選ぶかだ。本稿ではそれぞれの特徴を説明する。

[Bill Claybrook,TechTarget]

 モバイルアプリケーションを開発する場合、ネイティブアプリとクラウドアプリのどちらを採用するかをめぐっては、大きく議論が分かれている。この問題を検討するためには、クラウドアプリとネイティブアプリの開発の違いに目を向けることが重要だ。

 ネイティブアプリはモバイル端末に直接インストールするもので、開発者はそれぞれのモバイル端末用のバージョンを開発する。モバイル端末に最初から入っていることもあれば、パブリックあるいはプライベートのアプリストアからダウンロードして、モバイル端末にインストールすることもできる。

 ネイティブアプリは特定の端末とOS向けに開発される。関連するデータは端末上にも保存されるが、リモートに保存してネイティブアプリからアクセスすることも可能だ。ネイティブアプリの性質によっては、インターネット接続が不要な場合もある。

 ネイティブアプリは端末固有のハードウェアとソフトウェアの機能を利用できるのが特徴。つまり、端末のGPS機能やカメラといった最新技術の恩恵を受けられる。これはクラウドアプリと比べた、ネイティブアプリの利点と解釈できるだろう(参考記事:スマートフォンアプリ開発の最新動向が分かる3つのホワイトペーパー)。

 一方、クラウドアプリはWebアプリケーションによく似ている。主な共通点は、アプリがモバイル端末の外にあるサーバで実行され、モバイル端末にインストールされているブラウザのユーザーインタフェース(UI)を使ってモバイル端末上に表示されることだ。そのため、モバイルクラウドアプリとWebアプリは、いずれもブラウザを利用する必要がある。ネイティブアプリのように特定のモバイル端末をターゲットとするのではなく、複数のモバイル端末をターゲットとする点もWebアプリと同じだ。

 クラウドアプリは、モバイル端末上にダウンロードしてインストールする必要がない。クラウドアプリのUIは、リモートの端末上のブラウザに表示される。そのため、インターネット接続が必要であり、一般的には「JSON over HTTP」接続が使われる(JSON:JavaScript Object Notation)。

 クラウドアプリには、ネイティブアプリに手を加えてクラウド上で実行できるようにしたものや、モバイル端末用に開発されたカスタムアプリ、外部のソースからクラウドにダウンロードされたサードパーティーアプリもある。ネイティブ版とモバイルクラウド版の両方のアプリケーションを提供している企業もある。

クラウドアプリとネイティブアプリの違い

 ネイティブアプリとクラウドアプリの外観は明らかに異なる。開発に影響する明らかな違いとして以下のような点が挙げられる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.png

不正トラフィックが最も多いアプリカテゴリーは「エンターテインメント」と「ニュース」──AppLift調査
AppLiftは、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データの調査を実施し、そのレポート...

news025.jpg

デジタルガレージがID-POSデータ連動型広告運用サービスを開始、店頭での効果可視化へ
デジタルガレージは、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告...

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...