2013年04月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルアプリ開発で陥りがちなワナ【後編】HTML5だけでは解決できない、モバイルアプリ開発の落とし穴

急速に拡大するモバイルアプリ開発市場。開発スピードと品質の要求に応える「HTML5」技術の採用だけでは、どうしても解決できない問題がある。

[Karen Goulart,TechTarget]

 前回の「ユーザー評価が星3つ以下のモバイルアプリはすぐに忘れ去られる」に続き、「競争の激しいモバイル分野では“開発スピード”“品質”のどちらを重視すべきか」という難問の解決策を検討しよう。3人の専門家の回答を通じて分かったヒントは「HTLM5が状況を一変させる可能性を秘めている」「テストをおろそかにしてはならない」ということだ。

スピードと品質の要求に応える「HTML5」

 米調査会社IDC Researchのアナリスト、ジョン・ジャクソン氏は「状況にもよるが、品質要求が優先される傾向にあるのは間違いない。ユーザーが顧客であれ社内の従業員であれ、彼らは既にモバイル環境でのコミュニケーションを経験しており、品質に対する要求は高い。これは将来的に、品質を重視する傾向を促進するだろう」と語る。

 この問題に対する見方は2つある。競争が激しい状況において、最大のライバルが製品を投入する一方で、自社が油断をしていたために製品をリリースする準備ができていないような場合には、とにかく急いで製品を形にする必要があるケースもあるだろう。その場合でも、ある程度の品質に対する期待があることは確かだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...