2014年04月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

必要なのは既存の枠にとらわれない発想クラウドの運用管理を自動化する2種類のDevOpsツール

本格的なクラウド自動化ツールの多くは、DevOps(開発運用連係)製品のカテゴリーに含まれる。DevOpsツールにはモデル型とスクリプト型の2種類がある。それぞれの仕組みを解説する。

[Tom Nolle,TechTarget]

tt_aa_5924.jpg

 ITの歴史を振り返れば、アプリケーションの開発は「ボックス型」モデルで行われるのが一般的だった。このモデルは、各コンポーネントがマシンのイメージにリンクされ、そのイメージをデータセンター内の静的サーバ上でホスティングするという方式だ。リソースの柔軟性とアジリティ(即応性)を目標とするクラウドでは、アプリケーションのコンポーネントとそのリソースの間で動的な関連付けが求められる。それを実現するのがクラウドの自動化である。ただし、そのためには適切な計画と実装が必要だ。

 自動化とは、アプリケーションのコンポーネントの配備と再配備をソフトウェアで制御することによって、コンポーネント間およびアプリケーション間のリンクを正しく確立・維持するプロセスを指す。具体的には、自動化には2つの基本的要素が必要となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...