2013年05月08日 08時00分 公開
特集/連載

情シスがクラウド、自動化を味方に付ける3つの方法従来型の運用管理はもう限界

パブリッククラウドの登場により、コスト、スピードを社外のサービスと比較されている情報システム部門。今後どうすれば存在意義を発揮できるのか? 3つの着眼点を紹介する。

[内野宏信,TechTargetジャパン]

 仮想化クラウドの浸透はシステム運用管理に変革を促している。ITシステムには維持管理だけではなく、業務部門のリクエストに応じたサービス提供など、動的な管理が求められるようになった。市場環境変化の速さに対応し、これをスピーディに行うためには、維持管理を軸とした従来型の運用管理スタイルでは限界が見えつつある状況だ。これがスピード、コスト面で、情報システム部門が社外のサービスと比較されがちな傾向に拍車を掛けている。

 では現在、情報システム部門は具体的にどのような変化を迫られているのだろうか? ガートナー ジャパンは2013年4月24〜26日にかけて「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンターサミット 2013」を開催した。サミットにおける同社主席アナリスト 長嶋裕里香氏の講演「ITオペレーションの重大ミッション 2013」から、情報システム部門が社内で生き残るためのポイントを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...