2015年01月08日 15時00分 UPDATE
特集/連載

台湾Acerが新製品を発表15インチ「Chromebook」は仕事のメインマシンとなり得るか?

15.6インチの大型ディスプレーを搭載した新型Chromebookが登場した。これまではモバイルを中心に注目を集めてきたが、大型画面の採用によって、メインマシンとしての利用にも期待が高まるかもしれない。

[Jerry Jackson,TechTarget]

関連キーワード

Chromebook | Chrome OS | Google


0108_kf_chromebook001.jpg Acer Chromebook 15

 台湾Acerは、業界初となる15.6インチディスプレーを搭載した新型ノートPC「Acer Chromebook 15」(Chromebook 15)を発表した。過密した低価格ノートPC市場において、競合製品との差別化に挑んでいる。

 Chromebook 15の最大の特徴は、15.6インチの大型ディスプレーにある。それにより、Chromebookをメインマシンとして利用するといったことも期待できる。プロセッサは第5世代「Intel Core i3プロセッサー」、または第5世代Coreマイクロアーキテクチャを採用した「Intel Celeron プロセッサー」を搭載する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...