2016年03月07日 15時00分 UPDATE
特集/連載

さまざまなデータ管理ツールとの相性も抜群データサイエンティストが太鼓判、「Apache Spark」がIoT分析に選ばれる理由 (1/2)

産業機器が生成する膨大な量のデータの意味を理解するには、IoTのビッグデータ分析が欠かせない。このタスクにはSparkが対応できるかもしれない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 「Apach Spark」最新バージョン「Spark 1.6.0」は公式サイトからダウンロードできる《クリックで拡大》

 オープンソースのデータ処理フレームワーク「Apache Spark」は、「モノのインターネット(IoT)」で増加の一途をたどる膨大な量のデータを活用する企業において中心的な役割を果たすかもしれない。カリフォルニア州パロアルトで2016年2月に開催された「IoT Data Analytics & Visualization」カンファレンスの参加者は、そのように語っている。

IoTにうってつけのSpark

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。