TechTargetジャパン

講演資料
アプリ/デスクトップの仮想化でセキュリティを強化――検討すべき5つの要件
 近年、相次いで発生している情報漏えい事件では、マルウェアが使われた報告が少なくない。Web閲覧やメール送受信を行うクライアント端末は狙われやすいため、さまざまな対策が取られているが、業務アプリケーションの互換性の問題からいまだに旧バージョンのWebブラウザ...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

レポート
実態調査で明らかになる サーバ、デスクトップ、アプリケーションの仮想化
 サーバの仮想化は多くの企業で導入が広がっており、その用途も多様だ。特に開発/テスト環境のように一時的な利用で終わるサーバは、負荷が軽いものの台数が必要となるだけに、仮想サーバに適しているとされる。しかし仮想サーバの運用は物理サーバと異なる点もあり、そ...(2016/12/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
仮想アプリのボトルネックを可視化、ドクターネットに学ぶレスポンス改善術
 医療機関向けにレントゲンやCT、MRIなどの「遠隔画像診断支援サービス」を提供するドクターネット。レントゲン画像などは個人情報であるため、取り扱いには万全のセキュリティが求められる。そのため、同社は仮想アプリケーション配信システムを通じてサービスを運用し...(2017/3/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
デバイス多様化時代の4大課題を解決――アプリ仮想化とVDIがベストな理由
 デジタル化の進んだ今日のビジネスでは、従業員は常にさまざまなデバイスを利用して業務を行う。しかし、従業員が毎日平均2.9台のデバイスを持ち運ぶといわれるようになった一方で、「10台のうち1台のノートPCが紛失または盗難にあっている」という報告もある。 もし...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
「アプリかデスクトップか」では解決しない仮想化への不満をどう解消する?
 ワークスタイルの多様化、セキュリティとコンプライアンスの改善、IT予算の削減など、仮想デリバリー技術はこれまでにもさまざまなビジネス上の課題を解決してきた。しかし、ほとんどの場合、ユーザーが選択できるのは仮想アプリや仮想デスクトップのいずれかだ。 この...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
万が一のマルウェア侵入でも隔離で対応、標的型攻撃対策は入口から出口に変化
 標的型攻撃対策において「マルウェア感染を前提とする」発想が一般的になってきた。従来のような「入口対策」だけで完全に防ぐことが不可能になったからだ。そこで、感染しても重大な被害を生じさせない「出口対策」として有効なのが、アプリケーション仮想化を活用した...(2016/4/19 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

事例
Windows 7移行に伴う業務アプリのサポート問題。サッポロが選んだアプリケーション仮想化
 「黒ラベル」のブランドで知られる酒類事業などを通じて、「食」と「空間」の2つの分野で価値ある商品・サービスを提供し続けるサッポログループ。同グループの本社機能の一翼を担うサッポログループマネジメントでは、この数年のIT課題となっていた4000台のPCの老朽化...(2013/1/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
場所やデバイスを問わないリモートアクセス、安全性を確保する簡単な方法とは?
 PCやスマートフォン、タブレットなどで場所を選ばずに仕事をできる環境や、私物デバイスの業務利用(BYOD)を求めるユーザーの声は日増しに強まっている。このようなワークスペース拡散につながる要望に応えるためには、セキュリティ上の課題をクリアする必要がある。 ...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

講演資料
Windows 10への移行を機に考えるPC環境の運用管理――3つの更新オプションの使い方
 マイクロソフトが2016年3月に発表した、Skylake搭載デバイスの「Windows 7/8.1」サポートポリシーの変更で、2017年7月17日のサポート終了予定が2018年7月17日まで延長された。この発表にほっと胸をなで下ろしたIT担当者も多かったはずだ。しかし、「Windows 10」への移...(2016/4/25 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Windows XPのサポート切れを、できるだけ安価に楽に乗り切る方法
 2014年4月のWindows XPサポート期間終了が迫りながらも、多くの企業は移行コストが掛かることを嫌い、いまだにこのOSを使い続けている。そうした企業は、OSのアップグレードに掛かる総コストを算出するだけでなく、Windows XPをサポート終了後も使い続けた場合のリスク...(2013/11/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
成功事例に学ぶ! ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化:MS Exchange
 ビジネスクリティカルなアプリケーションは企業の心臓部であり、そのパフォーマンス、可用性は、まさにビジネスの生命線を握っている。そのため企業は、アプリケーションの新しい実行モデルを確立し、クラウドへの移行を促進するITアーキテクチャとして仮想化の普及が進...(2013/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
【未使用:同コンテンツあり12780】ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化:Microsoft Exchange
ビジネスクリティカルなアプリケーションは企業の心臓部であり、そのパフォーマンス、可用性は、まさにビジネスの生命線を握っている。そのため企業は、アプリケーションの新しい実行モデルを確立し、クラウドへの移行を促進するITアーキテクチャとして仮想化の普及が進む...(2013/6/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
オールフラッシュ性能評価:デスクトップ/サーバ仮想化環境向け製品の実力は?
 近年、多くの企業がIT優先課題の1つとして仮想化テクノロジーの導入に取り組んでいる。しかし、デスクトップ/アプリケーション仮想化の導入は、データセンターに特に複雑で要求の多いストレージワークロードをもたらす可能性がある。 また、企業が扱うデータの増大と...(2016/12/15 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
アプリケーション仮想化により実現する事業継続/ディザスタリカバリ対策
 かつての事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)プログラムは、「コストはかかるものの必要な保険」ととらえられていた。しかし、テクノロジーへの依存度が高い今日、災害はビジネスに大きな打撃を与える可能性がある。このような状況下での企業の経営層のBC/DRへの要...(2014/6/19 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
課題は大学も企業も共通。250台のVDIに成功した豊橋技術科学大学事例に学ぶ
 大学における情報システムの課題は、事務システムにおけるセキュリティとコンプライアンスの強化に加え、学生や教職員が所有する情報機器の活用、つまりBYODで、一般企業の抱える課題と共通している。3D CADを用いた製図など仮想マシンで対応できないアプリケーションが...(2015/3/5 提供:株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
金融業界に求められる課題を包括的に解決する「仮想化技術活用法」とは?
 金融機関は少子化などによるコア業務の停滞、海外も含めた他の金融機関との厳しい競争にさらされており、その打開策として、サービスのスピード化や手続きの簡略化を目指している。これはWebサービスだけでなく、渉外担当者の顧客対応にも適用され、モバイル活用が積極...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
重要性が高まるアプリ実装の阻害要因とは? IDC調査から見えた傾向と対策
 ITインフラが抱える主な課題には、個々の要件に逐次対応したことで生じたサイロ化、データ保護機能やディザスタリカバリ製品のレガシー化による安全性の低下、マルチハイパーバイザー環境による複雑化などが挙げられる。従来のインフラ重視、アプリ軽視の姿勢を大きく変...(2016/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
成功事例に学ぶ! ビジネスクリティカルなアプリケーションの仮想化:SAP
 幅広い業務を支える統合基幹システムであるSAPソリューションの仮想化は、まさに企業のビジネスそのものを変革する一大チャレンジといえる。Aberdeen社がSAP導入企業100社に対して行った調査では、SAPソリューションの仮想化について、回答者からは「システムの応答性が...(2013/6/20 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
「iPadでも使いたい」に応えるWindowsアプリのモバイル化実践ガイド
 社員の利便性と生産性向上のため、スマートデバイスのビジネス利用が促進される傾向にある。だが、「iPadを導入したけれど使いたいのはWindowsアプリだった」「VDI(デスクトップ仮想化インフラストラクチャ)をスマートデバイスに表示するのは非効率的だし使いにくい」...(2014/6/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

レポート
サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査リポート(2016年4月)
 TechTargetジャパンは、企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対し、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査を実施した。調査結果からは、サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題が明らかとなった。目的:TechTargetジャパン会員...(2016/7/11 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
アプリケーション/デスクトップ仮想化が解決する「医療情報のセキュリティ問題」
 医療情報は機密性の高い個人情報を含むため、デジタル化の過程では、その管理に重点が置かれてきた。しかしデジタル化された情報をさまざまな現場で活用できれば、医療の質の向上、病院経営の効率化を大きく進めることができる。 医療データをセキュアに活用する鍵とな...(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
丸紅が7000人のBYOD実現を目指して決めた「攻めの選択」とは
 広範な分野の商品やサービスの提供、事業投資を世界65カ国、120地域の拠点で展開している総合商社の丸紅。早くからIT化に注力してきた同社は、国内で4000人、海外拠点を含めると7000人を超える従業員が、いつでも、どこでも、どの端末からでも業務ができるリモート業務...(2015/1/8 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?
 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。 その...(2017/2/28 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2017/2/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/12/21 提供:株式会社コネクトワン)

Loading