「HR Tech/給与」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、HR Tech/給与に関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

HR Tech/給与関連の解説

「テレワークの通信費」を経費で落とせる人、落とせない人を分ける条件

テレワークの光熱費や通信費は企業が負担するか否か――この問題を公平に解決するのは難しい。コロナ禍が始まったばかりのころに、さまざまな企業が直面した「ダブルスタンダード」とは。

(2022/8/3)

180カ国の有能人材が我が社の社員に? 新興HR Techの越境採用サービスとは

人材獲得競争が激化する中、米国では「海外人材の越境採用」が活発化。180カ国を対象とした人材採用サービスを提供するベンダーも登場している。こうしたサービスが支持される背景とは。

(2022/7/5)

上司と部下の関係悪化を防ぐ“あの機能” 人事ツール「Oracle ME」の使いどころ

Oracleの新しい人事管理ツール群「Oracle ME」は、従業員とマネジャー間の対話を促進する。従業員体験価値向上に有効な機能と、鍵となる「パーソナライズ化」とは。

(2022/6/14)

離職率の高い会社は研修にお金を出さなくなる? Gartnerに聞くその理由

COVID-19のパンデミック後の世界では、人事部門が研修や人材開発ツールにかける費用が減る可能性がある――Gartnerの人事調査責任者がこう考える理由と、企業が今後人事関連ツールに求める要素は何か。

(2022/5/31)

注目の解説記事一覧へ

HR Tech/給与関連の事例

従業員エンゲージメント向けの「Oracle ME」 人材を定着させる機能とは?

OracleはHR(人事)関連のサービス群「Oracle ME」を発表した。従業員一人一人に個別最適化した情報を提供できる点が特徴だ。組織マネジメントに有効なOracle MEの機能とは。

(2022/5/2)

Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか

従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。

(2021/8/19)

医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

(2020/3/17)

アメリカン航空が「SAP SuccessFactors」を導入 “社員が第一”をどう実現?

SAPの人材管理クラウドサービス群「SAP SuccessFactors」を活用しているAmerican Airlines(アメリカン航空)。同社の「人間中心、人間第一」という風土は、従業員を重視する文化に基づく。

(2019/7/24)

注目の事例記事一覧へ

HR Tech/給与関連の比較

人材管理(HCM)システム主要6製品を比較 自社に合うオプション機能は?

人材管理(HCM)システムの市場は規模が大きく活気にあふれ、大手企業から小企業まで幅広く対応している。HRソフトウェアツールを調査すれば、ニーズに合った適切なHCMシステムが手に入るだろう。

(2018/5/16)

人材管理(HCM)ソフトウェアに必要な機能と5つのチェックリスト

自社と共に成長する人材管理スイートはさまざまな機能を持っているが、結局のところ、必要な機能はあまり明確ではない。そこで、誇大広告にまどわされずに実情を調べることで必要な機能を特定してみよう。

(2018/5/15)

失敗しないERPの選び方:人事モジュール編

ERPの基本モジュールの1つといわれ、企業での導入が多い人事モジュール。伝統的な給与・勤怠機能に加えて、タレントマネジメントの機能が注目されている。それに伴い複雑化する製品選択のポイントを解説する。

(2012/9/7)

注目の比較記事一覧へ