HR Tech/給与の事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

HR Tech/給与関連の事例

Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか

従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。

(2021/8/19)

医療機関が「RPA」を導入した理由 紙のタイムカード処理を15分から30秒に

ニューヨークプレスビテリアン病院は、それまで手作業だったタイムカードの打刻漏れチェックと給与支払プロセスを自動化するために「RPA」を導入した。その効果とは。

(2020/3/17)

アメリカン航空が「SAP SuccessFactors」を導入 “社員が第一”をどう実現?

SAPの人材管理クラウドサービス群「SAP SuccessFactors」を活用しているAmerican Airlines(アメリカン航空)。同社の「人間中心、人間第一」という風土は、従業員を重視する文化に基づく。

(2019/7/24)

グローバル人材の採用・育成 ネックになるのは“本社”

海外で優秀な人材が採用できない――グローバル展開する日本企業の間で人材管理の課題が浮上している。どのような考えで人材管理を進め、システム導入を行うべきか。識者に聞いた。

(2014/4/1)

外国人看護師・介護福祉士の育成に貢献する、HIDAの人材育成制度とは?

日本は人口減や労働力確保のため、外国人看護師・介護福祉士候補者を受け入れている。人材育成の課題が指摘される中、国内外での人材育成事業により、47カ国で人的ネットワークを構築した取り組みを紹介する。

(2014/3/14)

「人材不足……」と嘆く前に読みたい3つのホワイトペーパー

企業の成長を左右する人材。優秀な人材を採用し、企業戦略に合わせて育成、効率的に管理するにはどうすればいいのか。人材不足を悩む企業にお薦めする人材管理関連のホワイトペーパーを紹介する。

(2011/10/5)

P R「紙ベースの年末調整」で直面する限界をシステム化で乗り越えた人事部門の声

新たな働き方として在宅勤務や分散出社が推進される中、「紙ベースでの年末調整」には苦労が付きまとう。年末調整業務のシステム化で負担削減に成功した人事部門の声を基に、そのメリットを紹介する。

(2020/9/1)

P R「在宅勤務中なのに紙の領収書・請求書処理で出社」の“理不尽”を解消する方法

テレワーク移行後でも、領収書や請求書の管理に紙ベースの処理が残っているので「原本管理のために出社」といった理不尽に悩まされる場合がある。こうした経理・財務業務のデジタルシフトに「AI-OCR」はどう貢献するのだろうか。

(2020/7/27)

P R新型コロナで急務となる業務プロセス見直し 経理部門はどうする?

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、政府はテレワークの実施を要請している。しかし決算期を迎えた企業の経理、財務部門は決算準備を進めるため出社せざるを得ず、業務に影響が出ている。ではどうすればいいのか。

(2020/5/7)

P Rマンガで解説:これで月末も安心 「ルール違反の経費申請」を一掃するには

「ここにも間違いがある……」。毎月、月末になると経理部門は経費申請の入力漏れやミスの確認に追われる。申請者に訂正を依頼してもなかなか返事が来ないこともしばしばだ。こうした状況を打開する解決策とは。

(2020/1/17)

P Rマンガで解説:今年も年末調整がやってくる……電子化で得られる“すごい効果”

年末調整を「年1回だけの業務」と侮ってはいけない。紙で処理している場合、申告書の配布、回収、チェックと、多大な手間とコストが発生する。電子化で大きな効果が得られることは想像に難くない。マンガで具体的な効果を解説しよう。

(2019/9/10)

P R間もなく開始の「軽減税率」、情シスも経理部も事業部も対策は万全か?

軽減税率は全ての企業活動に影響する重要事項であるにもかかわらず、対策がいまだ十分になされているとはいえない。制度スタートまでに対策を講じておくべきポイントをまとめた。

(2019/5/28)