2018年12月04日 05時00分 公開
特集/連載

ジョンソン・エンド・ジョンソン、アクセンチュアなどが語る「人事部門で使えるテクノロジー」社員教育や採用にフォーカス

Accenture、Johnson & Johnsonなど大手企業のリーダーが、人事(HR)業務の最優先事項について語った。各社のHRテクノロジーの導入効果と、導入の際に重視すべきポイントとは。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

IT戦略 | 経営 | 人事


photo

 米国内トップ企業の人事(HR)部門のリーダーは、インサイト(洞察)を提供し、人材管理を改善するテクノロジーを求めている。「HR部門の最優先事項には、採用候補者や従業員の体験を改善する優れたテクノロジーの追求などがある」。これは最高のHR部門を作り上げるために必要なものとして『2018 HR Technology Conference & Expo』のパネリストがベンダーや参加者に伝えたメッセージだ。他にも採用プラットフォームの改善、人工知能(AI)技術、データ分析、ユーザー主導のラーニングプラットフォームが重要な要素として挙げられた。

 同カンファレンスでは、Accenture、BlackRock、Delta Air Lines、Johnson & Johnson、The Walt Disney Companyの各社HR部門のリーダーがパネリストとして登壇し、テクノロジーについての各社の優先事項や関心事項について話し合った。

 カンファレンスではベンダーについて言及することが避けられたため、パネリストがベンダーを話題にすることはなかった。

しかし登壇したグローバルHR部門のリーダーたちは、ベンダーとカンファレンスの参加者に対して、明確な意見を持っていた。自社でのテクノロジーの使用方法や、そのテクノロジーに望むことなど、戦略的だが鋭い意見だった。

優れたHR部門には優れた採用システムがある

ITmedia マーケティング新着記事

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。

news081.jpg

CX(カスタマーエクスペリエンス)におけるROIとは
企業のCX(カスタマーエクスペリエンス)担当者はCXプログラムの実施に当たりどのように...