ジョンソン・エンド・ジョンソン、アクセンチュアなどが語る「人事部門で使えるテクノロジー」社員教育や採用にフォーカス

Accenture、Johnson & Johnsonなど大手企業のリーダーが、人事(HR)業務の最優先事項について語った。各社のHRテクノロジーの導入効果と、導入の際に重視すべきポイントとは。

2018年12月04日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

IT戦略 | 経営 | 人事


photo

 米国内トップ企業の人事(HR)部門のリーダーは、インサイト(洞察)を提供し、人材管理を改善するテクノロジーを求めている。「HR部門の最優先事項には、採用候補者や従業員の体験を改善する優れたテクノロジーの追求などがある」。これは最高のHR部門を作り上げるために必要なものとして『2018 HR Technology Conference & Expo』のパネリストがベンダーや参加者に伝えたメッセージだ。他にも採用プラットフォームの改善、人工知能(AI)技術、データ分析、ユーザー主導のラーニングプラットフォームが重要な要素として挙げられた。

 同カンファレンスでは、Accenture、BlackRock、Delta Air Lines、Johnson & Johnson、The Walt Disney Companyの各社HR部門のリーダーがパネリストとして登壇し、テクノロジーについての各社の優先事項や関心事項について話し合った。

 カンファレンスではベンダーについて言及することが避けられたため、パネリストがベンダーを話題にすることはなかった。

しかし登壇したグローバルHR部門のリーダーたちは、ベンダーとカンファレンスの参加者に対して、明確な意見を持っていた。自社でのテクノロジーの使用方法や、そのテクノロジーに望むことなど、戦略的だが鋭い意見だった。

優れたHR部門には優れた採用システムがある

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...