化粧品会社の人事採用チャットbotが救ったのは「17%の既存顧客」売り上げは数百万ドル

化粧品会社L'Orealでは、年間求人応募数が200万人に上る。145人の採用担当者で対応しているが、さらなる効率化のために人材採用プロセスを補助するチャットbotを導入した。

2018年10月26日 05時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

コンタクトセンター | 顧客満足 | 人事


画像 人事採用チャットbotで改善されたものとは。

 化粧品会社L'Orealは求人応募者への対応を改善するために人材採用チャットbotを導入した。この人事部門向けAI(人工知能)技術の導入を実現するに当たり、同社のグローバル人事部門の最高デジタル責任者ニーレシュ・ボーイテ氏はまず、投資効果を経営陣に上申するためのビジネスケースを作成しなければならなかった。さらに「このチャットbotを導入したら仕事がなくなるのではないか」という採用担当者たちの不安も払拭(ふっしょく)する必要があった。ボーイテ氏はこの2つの難題をどう解決したのか。

 L'Orealの求人に応募する人は年間約200万人、そのうち採用されるのは約5000人だ。ところがソーシャルメディアへの書き込みを調べると「応募したのに同社から何の返事もなかった」という声が出ていることが分かった。そこで「応募者も顧客だ」という発想で対応を改善し、145人の採用担当者の業務を効率化することに決めた。まず本当に「応募者も顧客」なのか検証することから取り掛かった。HRテクノロジーのイベント「HR Tech Conference & Expo 2018」でのインタビューとプレゼンテーションで、ボーイテ氏は同社の取り組みを紹介した。

売り上げ増加にもつながる人材採用チャットbotの潜在的効果

 AIの投資効果を説明するビジネスケースを作成するために、ボーイテ氏は英国内の求人応募者の電子メールアドレスと、同社の各種ブランドの顧客関係管理(CRM)データベースを照合した。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...