TKC、電子申告支援システムに法定調書の電子申告機能を追加NEWS

「TKC電子申告・納税かんたんキット」を機能強化、「e-TAX法定調書」の機能を統合することで業務の効率化を支援

2007年12月27日 20時06分 公開
[TechTarget]

 TKCは12月26日、中堅・大企業向けの電子申告支援システム「TKC電子申告・納税かんたんキット(以下、かんたんキット)」の機能強化を発表した。ユーザーの利便性を高めることを目的として、かんたんキットに「TKC電子申告システム(e-TAX法定調書)」の機能を統合し、2008年1月11日から提供を開始する。

 今回統合する法定調書の電子申告機能は、企業内で利用している給与計算システムでの年末調整結果(源泉徴収票)と、経理部門が作成したほかの法定調書をCSV形式のデータファイルで読み込み、電子申告データを作成する機能。

 本システムにより、市町村への給与支払報告書提出の一括送信や、提出書類の印刷作業が不要になるといった業務の効率化を実現できるという。また、国税電子申告・納税システム「e-TAX」仕様に基づいたチェック機能の搭載により、電子申告を確実、簡単に実践できるとしている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 経営 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。