2007年05月23日 05時00分 公開
特集/連載

限られた人員を最大限に活用するIT運用のコツColumn

IT技術者が不足する中、少ない人数で増えた仕事をこなすため、採るべき3つの原則を紹介する。

[James Champy,TechTarget]

 IT技術者が不足している。評論家の予想では、アウトソーシングとオフショアリングによってIT職は北米から吸い出され、IT技術者が余るはずだった。しかし実際は、それとは逆のことが起きている。IT関連の人材が不足しているのだ。こうなった一因は、科学と工学への関心が薄れたこと、そして熟練技術者の需要が増大していることにある。北米ではコンピュータ科学を専攻する若者が不足し、ビル・ゲイツ氏でさえ、Microsoftの成長に必要な人材が確保できないと嘆いていた。

 2007年のIT予算は2%の微増が予想されるという事実は、ある程度の慰めになるかもしれない。しかし当初予想されていたような6%の増加ではなく、それほど多くの人材は雇用できない。しかし、2007年の企業のIT支出見通しとは裏腹に、やるべきことは膨大だ。特にアプリケーション開発にそれが言える。IT管理者は、予算はもうそれほど増やせないが、仕事は相当増えると思ってほしいと通告されるだろう。同じ、あるいは減った人数で増えた仕事をこなすため、2007年はIT要員の質が一層重要になる。

 しかし、優良企業でさえも、ITの人材面ではあまりうまくやってきたとは言えない。スキルの重要性が増し、人材が減る中で、採るべき3つの原則を紹介する。

ニーズを直視し、困難な決断を下す

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...