2006年02月28日 08時55分 UPDATE
特集/連載

Case StudySCMを担う企業のデータ品質向上法――ハイアット、マリオットの要求に応えるために

ホテル業界向け調達/ロジスティクス/SCMサービス提供大手のアベンドラにとって、CRMシステムこそがビジネスそのものだ。利用拡大とデータ品質の向上を目指し、同社はさまざまな取り組みを実施している。

[TechTarget]

 大手ホテルチェーン向けオンライン仕入れサービス企業アベンドラのCRMシステムは、同社のビジネスで中心的役割を果たしているだけではない。多くの点において、同社のビジネスそのものだ。

 だからこそ、ユーザーの間での利用拡大とデータ品質の向上に注力することが、同社にとって非常に重要となる。アベンドラでは、ホテル業界を中心とする全米各地の顧客企業に調達/ロジスティクス/SCMサービスを提供している。同社は現在、ピボタルのソフトをベースとした「エンタープライズリレーションシップ管理(ERM)」システムと呼ぶインフラを使っている。このシステムは、ビジネスのすべての側面を網羅するよう拡張され、同社にとって一元的データベースとしての役割も果たしている。

 「社員がこのシステムを使ってすべての情報を完全に取り込み、データの精度を維持しなければ、当社のビジネスを効果的に運営することができない」とアベンドラのCIOは話す。アベンドラはシステムの利用を促進するために、幾つかの手法を開発した。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...