SCMを担う企業のデータ品質向上法――ハイアット、マリオットの要求に応えるためにCase Study

ホテル業界向け調達/ロジスティクス/SCMサービス提供大手のアベンドラにとって、CRMシステムこそがビジネスそのものだ。利用拡大とデータ品質の向上を目指し、同社はさまざまな取り組みを実施している。

2006年02月28日 08時55分 公開
[TechTarget]

 大手ホテルチェーン向けオンライン仕入れサービス企業アベンドラのCRMシステムは、同社のビジネスで中心的役割を果たしているだけではない。多くの点において、同社のビジネスそのものだ。

 だからこそ、ユーザーの間での利用拡大とデータ品質の向上に注力することが、同社にとって非常に重要となる。アベンドラでは、ホテル業界を中心とする全米各地の顧客企業に調達/ロジスティクス/SCMサービスを提供している。同社は現在、ピボタルのソフトをベースとした「エンタープライズリレーションシップ管理(ERM)」システムと呼ぶインフラを使っている。このシステムは、ビジネスのすべての側面を網羅するよう拡張され、同社にとって一元的データベースとしての役割も果たしている。

 「社員がこのシステムを使ってすべての情報を完全に取り込み、データの精度を維持しなければ、当社のビジネスを効果的に運営することができない」とアベンドラのCIOは話す。アベンドラはシステムの利用を促進するために、幾つかの手法を開発した。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...