2006年02月28日 08時55分 公開
特集/連載

SCMを担う企業のデータ品質向上法――ハイアット、マリオットの要求に応えるためにCase Study

ホテル業界向け調達/ロジスティクス/SCMサービス提供大手のアベンドラにとって、CRMシステムこそがビジネスそのものだ。利用拡大とデータ品質の向上を目指し、同社はさまざまな取り組みを実施している。

[TechTarget]

 大手ホテルチェーン向けオンライン仕入れサービス企業アベンドラのCRMシステムは、同社のビジネスで中心的役割を果たしているだけではない。多くの点において、同社のビジネスそのものだ。

 だからこそ、ユーザーの間での利用拡大とデータ品質の向上に注力することが、同社にとって非常に重要となる。アベンドラでは、ホテル業界を中心とする全米各地の顧客企業に調達/ロジスティクス/SCMサービスを提供している。同社は現在、ピボタルのソフトをベースとした「エンタープライズリレーションシップ管理(ERM)」システムと呼ぶインフラを使っている。このシステムは、ビジネスのすべての側面を網羅するよう拡張され、同社にとって一元的データベースとしての役割も果たしている。

 「社員がこのシステムを使ってすべての情報を完全に取り込み、データの精度を維持しなければ、当社のビジネスを効果的に運営することができない」とアベンドラのCIOは話す。アベンドラはシステムの利用を促進するために、幾つかの手法を開発した。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...