2006年03月23日 09時56分 UPDATE
特集/連載

ColumnCRMからCDIへ――急成長が見込まれる顧客データ統合ソフト市場

個人情報に関するコンプライアンスやCRMの代替策に対するニーズの高まりにより、顧客データ統合ソフト市場が大きく成長する見込みだ。

[TechTarget]

 米調査会社ガートナーが最近公表したリポートによると、顧客データ統合(CDI)ハブソフトウェアの市場は、企業ユーザーの大きな需要とベンダー各社の製品の急速な成熟化が追い風となって、2010年までに4億1000万ドルという規模に成長する見込みだ。

 コンプライアンス(法令遵守)問題が大きなけん引力となっているほか、自社開発のソフトでは時代遅れになったり、SOA構想と連携できなくなってきていること、CRMのオルタナティブ代替策に対するニーズの高まりも、CDI市場の拡大を促進している。

 企業はこれまで、分かりにくい単一の顧客ビューを提供するCRMソフトウェアを利用してきた。これらは業務機能全般の改善をもたらしたが、データが異なるインフラの間で分割されたままであるため、孤立したデータが増える結果になったという。このため、ベンダー各社は自社製品の機能を見直すことを余儀なくされた。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。