2006年03月23日 09時56分 公開
特集/連載

CRMからCDIへ――急成長が見込まれる顧客データ統合ソフト市場Column

個人情報に関するコンプライアンスやCRMの代替策に対するニーズの高まりにより、顧客データ統合ソフト市場が大きく成長する見込みだ。

[TechTarget]

 米調査会社ガートナーが最近公表したリポートによると、顧客データ統合(CDI)ハブソフトウェアの市場は、企業ユーザーの大きな需要とベンダー各社の製品の急速な成熟化が追い風となって、2010年までに4億1000万ドルという規模に成長する見込みだ。

 コンプライアンス(法令遵守)問題が大きなけん引力となっているほか、自社開発のソフトでは時代遅れになったり、SOA構想と連携できなくなってきていること、CRMのオルタナティブ代替策に対するニーズの高まりも、CDI市場の拡大を促進している。

 企業はこれまで、分かりにくい単一の顧客ビューを提供するCRMソフトウェアを利用してきた。これらは業務機能全般の改善をもたらしたが、データが異なるインフラの間で分割されたままであるため、孤立したデータが増える結果になったという。このため、ベンダー各社は自社製品の機能を見直すことを余儀なくされた。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...