2006年07月20日 10時10分 公開
特集/連載

音声/データ統合時代の音声トラフィックを守るColumn

VoIP利用のメリットは多数あるが、音声/データ統合ネットワークを取り巻く脅威の増大は、あまり理解されていないのが現状だ。どのような対策を取ればいいのだろうか。

[TechTarget]

 音声/データ統合のメリットは、よく知られている。帯域の有効活用、コストの削減、スケーラビリティの向上、生産性の向上などだ。最後のメリットは主に、統合ネットワークでビデオ会議、ユニファイド・メッセージング、柔軟なリモートアクセスといった多様なアプリケーションを利用できることによるものだ。また、1つの管理システムで音声/データインフラ全体を管理することで、大きな規模の経済も実現されようとしている。

 さらに、1つのインフラで音声とデータに対応することで、ハードウェアの大幅な節約が可能になるほか、保守契約の交渉をそれぞれ別個に行う必要性も減る。また、ユーザーサイトのケーブル配線も格段に少なくなる。ユーザーサイト内の1カ所の設備で音声とデータの両方をサポートできるからだ。

 だが、音声/データ統合ネットワークのセキュリティ要件や、これらのネットワークを取り巻く脅威の増大は、あまり理解されていないのが現状だ。

 音声/データ統合が進む前は、音声トラフィックは、PBXシステムの保護されたプロプライエタリなオペレーティング環境によってセキュリティが確保されていた。だが今では、通常、こうしたPBX環境の代わりに、企業のデータシステムを構成する単なる一般的なコンピューティングプラットフォームが使われている。このプラットフォームはデータシステムの構成要素であるため、そのデータ環境に影響するリスクは、このプラットフォームも危険にさらすことになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。