日本オラクル、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版を発売NEWS

日本オラクルは、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版として「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を開始した。

2007年04月10日 18時23分 公開
[TechTarget]

 日本オラクルは4月10日、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を同日より開始したと発表した。本製品は、アプリケーション、ミドルウェア、データベース管理を横断して、オラクル・システムおよび他社システムの管理を行う統合エンタープライズ管理ソリューション。業務アプリケーション側からインフラをサービスや業務の視点で運用管理する独自の「トップダウン・アプローチ」を採用している。

 最新版では、「Oracle E-Business Suite」や「Siebel CRM」「PeopleSoft Enterprise」などのパッケージアプリケーションやSOA(サービス指向アーキテクチャ)アプリケーション、「Oracle Fusion Middleware」向けの管理機能が拡充され、アプリケーションとインフラを単一の統合管理ソリューションで管理できるようになった。また、ITILなどの運用管理フレームワークの導入を容易にし、企業のIT統制強化にも有効なソリューションを提供するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...