2007年04月10日 18時23分 公開
ニュース

日本オラクル、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版を発売NEWS

日本オラクルは、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版として「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を開始した。

[TechTarget]

 日本オラクルは4月10日、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 3」の提供を同日より開始したと発表した。本製品は、アプリケーション、ミドルウェア、データベース管理を横断して、オラクル・システムおよび他社システムの管理を行う統合エンタープライズ管理ソリューション。業務アプリケーション側からインフラをサービスや業務の視点で運用管理する独自の「トップダウン・アプローチ」を採用している。

 最新版では、「Oracle E-Business Suite」や「Siebel CRM」「PeopleSoft Enterprise」などのパッケージアプリケーションやSOA(サービス指向アーキテクチャ)アプリケーション、「Oracle Fusion Middleware」向けの管理機能が拡充され、アプリケーションとインフラを単一の統合管理ソリューションで管理できるようになった。また、ITILなどの運用管理フレームワークの導入を容易にし、企業のIT統制強化にも有効なソリューションを提供するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...