インテル、サーバ向け新クアッドコア・プロセッサを発表NEWS

低消費電力動作を実現したXeon プロセッサ X5365(3.0GHz)および L5335(2.0GHz)の2製品を発表

2007年08月14日 20時06分 公開
[TechTarget]

 インテルは8月14日、新クアッドコア・プロセッサ「インテル Xeon プロセッサ X5365」および「インテル Xeon プロセッサ L5335」を発表した。

 インテル Xeon プロセッサ X5365は、高性能を必要とするサーバおよびワークステーションアプリケーション向けに設計され、熱設計電力を標準的な120W以内に抑えながら、3.0GHz動作を実現している。一方インテル Xeon プロセッサ L5335は、スペースの最適化と優れた電力効率が求められるサーバ向けの製品で、2.0GHzで動作し、熱設計電力を50W以内に抑えている(1コア当たり12.5W)。

 両製品ともに、仮想化ソリューションの効率向上や64ビット ゲストOSのサポートを実現する「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」(Intel VT)に加え、32ビット Windowsの仮想化を実行する際の割り込み処理能力を向上させた、Intel VTのための新しい拡張命令が採用されている。また、さまざまなシステムで透過的に機能する新しい省電力技術を搭載し、待機時の消費電力を最大50%まで削減するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...