2007年07月09日 19時50分 公開
ニュース

NEC、クアッドコア インテル Xeonプロセッサ搭載の無停止型サーバを発売NEWS

Express5800/ftサーバ初となる、Red Hat Enterprise Linux 4サポートモデル

[TechTarget]

 NECは7月9日、フォールト・トレラントサーバ(無停止型サーバ)「Express5800/ftサーバ」のラインアップに、インテルの最新CPUである「クアッドコア インテル Xeonプロセッサ」を搭載した2Wayサーバ「Express5800/320Fc-MR」を加え、同日より販売活動を開始したと発表した。本製品は、NECとストラタステクノロジーが締結した協業契約の成果として発売され、日本を始め、北米、アジア、パシフィックなどで順次提供を開始し、グローバルに事業を展開していくとしている。

 Express5800/320Fc-MRは、同社が開発したサーバ二重化制御用LSI「GeminiEngine(ジェミニ・エンジン)」を強化し、クアッドコア インテル Xeonプロセッサを最大2個搭載可能(二重化するため装置全体では最大4個実装)。また、Express5800/ftサーバとしては、初めて「Red Hat Enterprise Linux 4」をサポート。多種多様なオープンソースソフトウェアを利用したシステムの構築が可能になるという。

 フォールト・トレラントサーバは、CPU、メモリ、入出力装置、ハードディスクドライブ、電源、ファンなど、サーバを構成する主要な部品を二重化しているため、万一のハードウェア障害の場合にも障害ユニットを自動的に切り離して継続処理ができるほか、切り離されたユニットについてもシステムを停止することなく交換が可能。同社は、本製品を中堅企業における基幹系業務サーバや24時間運用のデータセンタ向け管理サーバ、Webサービス向けサーバなどに有効な製品と位置付けている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...