NEC、「Enterprise2.0」対応のコラボレーティブウェアを発売NEWS

Web2.0技術に対応した情報活用ツールやNEC独自の検索機能などを搭載したコラボレーション環境を提供

2007年09月10日 19時54分 公開
[TechTarget]

 NECは9月10日、Enterprise2.0対応のコラボレーティブウェア「StarOffice Xシリーズ」を同日より発売、10月5日より出荷を開始すると発表した。グループウェア「StarOffice」の基本機能に加え、EIP機能、文書管理機能、統合操作環境をオールインパッケージで提供する「Standard(50IDから)」、Standardにエンタープライズレベルの拡張性と信頼性機能を提供する「Enterprise(1000IDから)」の2種類をラインアップ。このほか、ウイルススキャンと内部統制構築支援ツールが用意されている。

 ブログやRSSといったWeb2.0ツールに組織や役職に応じたセキュリティ設定機能を組み込むことにより、企業内での蓄積情報の安全・安心な利活用を促進するとしている。また、マッシュアップ機能によりインターネット上のサービスや基幹システム内のサービスとStarOffice固有のサービスを組み合わせることができる。さらには、Ajax技術やWindowsガジェットの採用により、カスタマイズ可能な統合作業環境をユーザーに提供するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...