大塚商会、アウトソーシングによるゲートウェイ統合セキュリティサービスNEWS

複数のセキュリティ機能を1つにまとめたゲートウェイ機器のレンタルと監視サービスをセットで提供

2007年10月03日 20時11分 公開
[TechTarget]

 大塚商会は10月3日、中堅・中小企業向けにインターネットの出入り口におけるセキュリティのアウトソーシングサービス「FMS/FortiGate フルバンドル」の提供を開始すると発表した。本サービスは、複数のセキュリティ機能を1つにまとめたゲートウェイ機器のレンタルと監視サービスをセットにしたもの。

 ゲートウェイ機器として、UTM(統合脅威管理)アプライアンスであるフォーティネットの「FortiGate」を利用し、導入から運用監視まで大塚商会がワンストップで提供。利用企業の環境に合わせた各セキュティ機能の推奨値の設定および設置も同社が行う。また、「大塚商会セキュリティ監視センター」が、24時間365日体制で遠隔地から機器の設定や運用の監視を実施。障害発生時には同センターが利用企業への通報と機器のリモートメンテナンスを行い、必要に応じて技術者が訪問して対応する。価格は月額2万5000円から(税抜き、機器のレンタルおよび監視サービスを含む)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | UTM | アウトソーシング


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...