日本IBM、「Cell/B.E.」搭載のブレードサーバ新製品を発表NEWS

ブレードサーバの厚みを2分の1にした、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」搭載のブレードサーバ新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表

2007年10月12日 20時24分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは10月12日、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)」搭載のブレードサーバ新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表した。10月26日より出荷開始する。最小構成価格は138万6000円。

 本製品は、3.2GHzのCell/B.E.を2個搭載し、最大ピーク時460Gフロップスを実現する超高速計算に特化したブレードサーバ。従来のCell/B.E.搭載ブレードサーバ「IBM BladeCenter QS20」に比べ、プロセッサ、メモリなどの集積密度を2倍にすることで、ブレードサーバの厚みを2分の1にしている。シャーシ(筐体)1台当たりの最大収容可能台数は2倍になり、1シャーシ当たり最大6.4Tフロップス、標準的な42Uラックでは最大25.8Tフロップスの浮動小数点演算性能を発揮できる。

 Cell/B.E.の特長であるマルチコアアーキテクチャと高速通信機能により、大量の計算処理や高度な三次元画像処理の高速レスポンスを実現。さらに、1ワット当たりおよそ1.05Gフロップスといった少ない消費電力で高いパフォーマンスを実現しているという。HPC(High Performance Computing)を用いた研究開発向けのほか、医療、金融、デジタルメディアなどの企業におけるアプリケーションまで、幅広く利用できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...