ジャストシステム、企業情報検索システム「ConceptBase」を全面刷新NEWS

XML対応のコアエンジンを搭載し、検索の高速化を実現した検索システム「ConceptBase Enterprise Search」を、来年5月より発売

2007年10月25日 20時04分 公開
[TechTarget]

 ジャストシステムは10月25日、企業情報検索システム「ConceptBase Enterprise Search」を2008年5月より発売すると発表した。同社が提供している「ConceptBase」を全面的に刷新し、大規模運用や高速検索を可能にするとともに、XMLに対応したコアエンジンを採用したという。

 大容量データを扱えるスケーラビリティでユーザー数やデータ量の増大に対応するために、1サーバ当たりで検索可能なデータ量を大幅に強化。規模、性能要件、管理要件に応じた分散配置が可能となり、Tバイト級の大規模運用に対応するという。

 また、検索機能としては従来の特長である自然言語処理機能を継承しながら、索引作成速度、検索速度の高速化を図っている。登録した文書が瞬時に検索可能になる「リアルタイムインデキシング機能」も提供する。刷新されたコアエンジンは、Office文書やRDBデータなどの既存データをXML形式としてデータ抽出し、フルスペックのXPathによる検索・絞り込み、文書全体や任意構造を指定した全文検索・概念検索が可能になった。これにより、文書の構造を利用した「ピンポイント検索」や、メタデータによる絞り込み、内容を構造で分類することなどが可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...