2007年10月30日 19時04分 公開
ニュース

ソア・システムズ、スマートフォン向けの業務アプリ開発実行フレームワークを発表NEWS

PDA・ハンディターミナル・携帯電話向けの業務アプリケーション開発フレームワーク「ル・クローン」がWindows Mobile搭載スマートフォンに対応

[TechTarget]

 ソア・システムズは10月30日、PDA・ハンディターミナル・携帯電話向けの業務アプリケーション開発フレームワーク「ル・クローン」をWindows Mobile搭載スマートフォンに対応させた「ル・クローンSmartPhone」を発表、同日より販売を開始した。スマートフォン特有の仕様として、ペンタッチ操作のPDAタイプとテンキー操作の携帯電話タイプのどちらの端末でも動作するアプリケーションを開発できるという。

 データベースを標準搭載するためほかのデータベースライセンスを用意する必要がなく、開発・実行環境をル・クローンで統一することができる。また、ローカルにデータベースを保有することで外出先などでのオンライン業務はもちろん、電波の届かない環境でも業務が可能。参考価格は開発環境が36万円(5ユーザー)、実行環境が7000円(1ユーザー)となっている。

 なお、対応機種(Windows Mobile搭載端末)は以下のとおり。

  • ウィルコム……W-ZERO3(WS003SH、WS004SH、WS007SH、WS011SH)
  • NTTドコモ……hTc Z、F1100(対応予定)、HT1100(対応予定)
  • ソフトバンクモバイル……X01HT、X02HT(対応予定)、X01T(対応予定)

関連ホワイトペーパー

Windows Mobile | 統合開発ツール


ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。