2008年02月05日 18時43分 UPDATE
ニュース

NEWS日本オラクル、エンタープライズ統合管理ソリューション「Oracle Enterprise Manager」の最新版

各層をまたいだアプリケーションパフォーマンス診断、Javaアプリケーションの詳細分析、OSを含めたパッチの集中管理などの新機能を搭載する。

[TechTarget]

 日本オラクルは2月5日、エンタープライズ統合管理ソリューションの最新版「Oracle Enterprise Manager 10g Release 4」の提供を開始した。

 Oracle Enterprise Manager最新版では、カスタムアプリケーションやSOA(サービス指向アーキテクチャ)ベースのアプリケーション、パッケージアプリケーションを対象としたアプリケーションのライフサイクル全体にわたる管理機能が追加された。具体的には、「Siebel CRM」の診断機能や、新ライセンス「Oracle Business Intelligence Management Pack」によるBI製品「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition Plus」の性能管理機能など、さまざまなオラクル製品の管理機能を統合している。

 また、新しく装備された「Oracle Application Diagnostics for Java」機能は、アプリケーションの性能と可用性への影響を最小限に抑えながら、本番環境のJavaアプリケーションにおける性能上の問題を監視・診断できる。

 セキュリティパッチの管理に関しても、従来版では「Oracle Database」や「Oracle Application Server」などオラクル製品のパッチを集中管理できたが、最新版ではその範囲を「Oracle Enterprise Linux」まで拡張。オラクルアプリケーションおよびOSに対するセキュリティパッチ適用タスクを任意の時間に複数サーバへ一度に実行できるため、パッチ適用タスクのコストを削減できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。