2008年03月25日 18時42分 UPDATE
ニュース

NEWS日立とオラクル、ストレージ仮想化/DB連携によるBCMベストプラクティスを公開

「HDP」と「ASM」の連携による最適なストレージ管理手法と、日立プラットフォームと「Oracle Active Data Guard」による効率的な災害対策システムの構築と運用管理手法を公開した。

[TechTarget]

 日立製作所と日本オラクルは3月25日、グリッド環境の共同検証センター「Oracle GRID Center」において、事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)プラットフォームソリューションの確立を目指し実施した共同検証成果を公開した。

 具体的には、エンタープライズ向けストレージ「Hitachi Universal Storage Platform V」のボリューム容量の仮想化を実現する「Hitachi Dynamic Provisioning」(HDP)と、「Oracle Database 10g」から提供されているストレージ管理機能「Oracle Automatic Storage Management」(ASM)を組み合わせることで、運用管理、初期導入コストの軽減およびディスク追加時のサービス無停止を実証した。

 また、顧客の利用環境を想定した大規模なトランザクション負荷環境において、ミラーリング機能「Oracle Active Data Guard」によるスタンバイサイトの参照業務での利用および障害ケースを想定した挙動の検証を実施した。その結果、スタンバイサイトのリソース活用の有効性、スタンバイ活用下での障害時フェイルオーバー時間の短縮とトランザクション業務の継続性を確認。実システムを想定した環境でのOracle Active Data Guardの有効性を実証した。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...