2008年05月13日 18時15分 公開
ニュース

IHI原動機事業部がSiebel CRMをSugerCRMにリプレースNEWS

保守費用・使い勝手・カスタマイズ性の課題から、オープンソースCRM「SugarCRM」へのリプレースを決断。目標としていた従来のシステム保守費用内で移行が完了したという。

[TechTargetジャパン]

 ケアブレインズは5月13日、機械製造のIHI原動機事業部がオープンソースCRMソフト「SugerCRM」を導入し、CRM基盤を再構築したことを発表した。IHIは顧客へのメンテナンスサービス提供のために2004年に「Siebel CRM」を導入していたが、導入後3年間で生じた保守費用・使い勝手・カスタマイズの自由度についての課題を解決するため、原動機事業部のSugarCRMへのリプレースを決断したという。

 IHIはSugerCRMを選定した理由として、ソースコードが公開されるため、開発子会社がきめ細かいカスタマイズを自社でできること、Ajaxやドラッグ&ドロップが可能なUIなどにより使い勝手が向上したことを挙げている。

 導入効果としては、目標としていた従来のシステム保守費用内でリプレースが完了したことや、機器の運用状況から個人のToDoアイテムまで担当者のメンテナンス業務に必要なすべての情報を画面に集中表示することで、各人の作業の優先度の把握が容易になったことなどを挙げている。

 今後の展開として、メンテナンス部門だけでなく、営業部門への利用拡大を検討中としている。

関連ホワイトペーパー

CRM | オープンソース | Ajax


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...