2008年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

仮想マシン上での動作にOSを最適化するには?ゲストOSのリソース無駄遣いを減らせ!

 仮想マシンのリソースの無駄遣いをなくせば、より多くの仮想マシンでより多くのリソースを利用できる。サーバのリソース使用量を減らすコツを紹介しよう。

[Eric Siebert,TechTarget]

 仮想マシン(VM)をホストしているサーバ上で、ゲストOSによるリソースの無駄遣いを減らせば、より多くのVMでより多くのリソースを利用できるようになる。

 現在のほとんどのサーバOSは、非仮想化環境における物理サーバ上で動作するように設計されている。だが、VMをホストするサーバ上のすべてのVMが同じリソースを取り合うため、ゲストOSのリソース利用については、指定された任意の機能の実行に必要なリソースだけを消費するように制限しなければならない。

 Windowsは、一般的なデフォルト構成ではサーバリソースを浪費することで悪名が高い。ほとんどのサーバが必要としないサービスが多数ロードされる。例えば、あなたはMicrosoft SQL Serverをインストールしたデータベースサーバで、Windows Audio、プリントスプーラ、無線LANといったサービスが必要になったことがあるだろうか? Windowsはスワップやログファイルなどのために頻繁にディスクの読み書きを行う。また、Windowsネットワークではデータのやりとりが多くなる傾向があり、過剰なトラフィックが発生しがちだ。

 こうした余分なサービスが稼働していると、ネットワークやCPU、メモリ、ディスクのリソースを過剰に使用することになり、無駄が生じやすい。個々のサーバではそれほどでもないかもしれないが、1台の物理サーバ上で12台のVMを運用しているような場合、無駄が積み重なってかなりの量になってしまう。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | 仮想化 | Windows | Linux | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...