2008年10月28日 08時00分 公開
特集/連載

ディザスタリカバリのコツは製品管理と同じ?すべてのリスクはみな平等、ではない

製品管理のベストプラクティスは、システムの災害復旧にも役立てられることを発見した。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

 今日は製品管理のベストプラクティスと、災害復旧/事業継続(DR/BC)にそれがどう当てはまるかについて話をしたい。疑問を感じるだろうか? この関係は直接的には分かりにくいから無理もない。しかし、あと数パラグラフ読んでもらえば、徐々に納得してもらえる自信がある。

 わたしは空き時間を活用して、わが社の全ビジネス機能(製造、エンジニアリング、会計、ITなど)のプロセス改善に関与している。従業員にプロセス改善の原則について教えるとき説明しようと努めているのは、すべての製品や顧客、プロセスは本来平等ではないということだ。質の高い製品管理は、製品間の不平等が基本になる。例えば、当社のある事業部の製品ラインには2000を超す製品がある。その2000製品のうち、わずか10%のみ(A製品群)で売り上げの80%を上げている。宣伝、販売、製造計画、流通の手段を考えるとき、われわれはこの10%を残る90%の製品とは別扱いにする。これらの製品は需要が高いので、品切れにならないように気を配る。カタログや営業資料ではこの製品を確実に優先している。

 2000製品の残りのうち売り上げの次の15%は、30%の製品で上げている。これはB製品群となる。わが社に必要な製品ではあるが、もし販売や宣伝や製造に問題があったとしても、会社はそれほどの打撃を受けない。残る50%の製品は、売り上げの5%を占める。われわれはこのC製品群を、注文商品として扱っている。わが社としてはC製品は作りたくないので、客がC製品を注文すると、リードタイムを長く見積もり、製品を倉庫に入れて、ほかにも誰かが同じ製品を注文してくれることを祈る。

 これと同じA、B、Cの階層化をITシステムにも適用すれば、DR/BC計画と意思決定を改善できることをわたしは発見した(製品管理とDR/BCとの間には関係があると言った通り)。

関連ホワイトペーパー

ディザスタリカバリ | リスクマネジメント


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...