日本HP、無停止サーバのエントリーモデルをリリースNEWS

日本HPが無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStopサーバー」のエントリーモデルを発表。低価格設定と値引きキャンペーンで、無停止サーバの新たなユーザー層開拓を図る。

2009年03月27日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは3月26日、同社の無停止サーバソリューション「HP Integrity NonStopサーバー」のエントリーモデル「HP Integrity NonStop NS2000サーバー」の販売を開始すると発表した。

画像 HP Integrity NonStop NS2000サーバー

 HP Integrity NonStopサーバーは、高度な耐障害性と連続稼働性を追求した同社独自の「NonStopアーキテクチャ」を採用するサーバシステム製品群。ミッションクリティカルなシステムにおいて、メインフレームからのリプレース実績を多く持つ。今回新たに販売開始するHP Integrity NonStop NS2000サーバーはその中でも、構成をシンプルにして拡張性に制限を持たせることによって、従来のモデルより価格を低く設定したもの。同製品の導入により、ITコストの抑制とシステム停止のリスク低減の両立を図ることが可能になるという。

 CPUはインテルのItanium 9120Nを1システム当たり2〜4基、メモリは1CPU当たり8Gバイトもしくは16Gバイトを搭載可能。OSには同社が開発した「NonStop OS J-series」を搭載する。価格は、最小構成で2168万1660円(税込み)からとなっている。3月30日から出荷開始する予定。

 なお同社では、HP Integrity NonStopサーバーを初めて導入する顧客を対象に、HP Integrity NonStop NS2000サーバーと各種ミドルウェアやツールをパッケージ化して2000万円を切る価格で提供する「はじめてのNonStop」キャンペーンを実施する。また、ディザスタリカバリシステムの構築を目的にHP Integrity NonStopサーバーを導入する顧客を対象に、必要なソフトウェア製品を9割引きの価格で提供する「NonStopをDRでさらに安心」キャンペーンも同時に実施する。どちらのキャンペーンも、2009年3月26日から9月30日までの期間に同社が受注した分が対象となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...