CTCSP、データ保護システムの構築リスクゼロを目指すワンストップサービスを提供開始NEWS

シーティーシー・エスピーがワンストップ、低リスク、定額かつ低価格のシステム構築をうたったサービス「Smart Zero-One」を発表。その第一弾として「データ・システム保護復旧サービス」の提供を開始した。

2009年10月22日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 シーティーシー・エスピーは10月15日、顧客が求めるITソリューションの選定や移行、投資コスト、納期、ベンダー対応などのリスクをゼロにすることを追求したワンストップのサービス体系「Smart Zero-One」を新たに発表した。また、その第一弾のサービスメニューとして、システム保護ソリューションをワンストップで提供する「Smart Zero-Oneデータ・システム保護復旧サービス」を同日より提供開始した。

 Smart Zero-Oneは、特定のIT製品やベンダーに依存せず、システムの要件定義から設計、実装、運用確認までをワンストップで提供するサービス。通常のスクラッチ開発によるシステム構築とは異なり、実現する機能や提供するサービス内容を絞り込んで定型メニュー化することで、システム品質の向上と構築時間の短縮を実現するとともに、価格も定額化した。

 Smart Zero-Oneデータ・システム保護復旧サービスは、Smart Zero-Oneの中でも特にバックアップBCP(事業継続計画)ディザスタリカバリなどのデータ保護ソリューションを提供するもの。「データ保護」「システム継続」「クラスタリングおよびFT(仮想化)」「災害対策(DR)」の4つのサービスメニューに分かれている。それぞれのサービス内容は基本パックとオプションサービスに分かれており、データ保護、システム継続、クラスタリングおよびFT(仮想化)の各サービスメニューの基本パックには要件定義、設計、実装インストールのサービスが含まれる。価格はそれぞれ、基本パックの最小構成時で20万円、25万円、25万円から。

 同社は今後3年間で、Smart Zero-One データ・システム保護復旧サービスの売り上げ10億円を目指すという。また将来的には、データ保護の分野だけでなく、メッセージング分野とセキュリティ分野においてもSmart Zero-Oneのサービスを提供する予定だとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...