沖電気とNEC、設計から保守までをワンストップ化したネットワーク再構築サービスを開始NEWS

OKIカスタマアドテックとNECネクサソリューションズが提携、マネージドVPNサービス「Clovernet」を利用した「OCA VPNサービス」の販売を開始した。

2008年04月02日 19時43分 公開
[TechTargetジャパン]

 OKIカスタマアドテック(OCA)とNECネクサソリューションズは4月2日、両社の提携により、NECネクサソリューションズのマネージドVPNサービス「Clovernet」を利用した「OCA VPNサービス」の販売を開始した。

 OCA VPNサービスは、ネットワークの見直しや移行の煩雑さに悩まされていた企業を対象に、Clovernetが提供するバックボーン回線を利用してネットワーク構築からその保守・監視までをワンストップサービスとして提供するもの。

 具体的には、ネットワークの設計、VPN機器の設定、設置作業や24時間365日のリモート監視、オンサイト保守、障害受付、さらに地域IP網の契約までを請け負う。このため、ユーザーはネットワークインフラの整備に必要なリソースを抑えることができる。また、インターネット接続費用やVPN機器レンタル費用、保守費用、リモート監視費用などの請求を一括して行い、ユーザーの費用処理も支援する。

 サービスは、インターネットVPNを使用する「OCA VPNサービス Standard」、インターネットから完全に隔離された閉域通信網を利用する「OCA VPNサービス Ver.C」、前述いずれかのサービスと他キャリアバックボーンを組み合わせた「OCA VPNサービス Hybrid」の3種類が用意される。

関連ホワイトペーパー

VPN | バックアップ | ネットワーク監視


ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。