2009年10月30日 09時00分 公開
ニュース

NEWSさくらインターネット、「安価かつ世界品質」のITマネジメントサービス提供へ

さくらインターネットがITインフラ遠隔監視サービス事業者NetEnrichと業務提携契約を締結。NetEnrichの遠隔監視サービスを活用したITマネジメントサービスでMSP事業へ本格進出する。

[TechTargetジャパン]

 さくらインターネットは10月29日、NetEnrich(ネットエンリッチ)との間でマネジメントサービスプロバイダー(MSP)事業に関する業務提携契約を締結したと発表した。さくらインターネットは今後、同社がこれまでホスティングおよびハウジングサービス事業で培ってきた経験と、NetEnrichが提供するITインフラ遠隔監視サービスを融合させることにより、MSP事業へ本格的に進出する。

 NetEnrichは米国に本社を持ち、ITインフラ遠隔監視サービスを提供する企業。インドのオフショア拠点にネットワークオペレーションセンター(NOC)を構えることにより、安価にITILベースの監視サービスを提供する。同社の日本法人とさくらインターネットは同じ企業グループに属しており、緊密に連携することで安価かつ世界品質のITマネジメントサービスを実現するという。

 同サービスでは24時間365日、エンジニアがデータセンターに常駐するとともに、NetEnrichの監視サービスを活用した障害通知を行う。そのほかにも顧客の要望に応じ、機器の監視や障害対応などのサービスを提供する。さくらインターネットでは、自社運用のデータセンターでNetEnrichの安価なサービスを活用することにより、他社が提供するものと同じ品質のITマネジメントサービスを、約半額程度の価格で提供する予定だという。まずは、同社のハウジングサービスのユーザーを対象に提供開始する。

 同社では今後、同サービスの価格競争力を武器に中堅・中小企業のITアウトソーシング需要を取り込み、3年後にはMSP事業の年間売り上げ10億円を目指すとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。