2010年01月07日 09時00分 公開
ニュース

CTC、トランスプロモ対応の帳票システムをクラウドで提供NEWS

伊藤忠テクノソリューションズは、One to Oneマーケティングと帳票コストの削減を同時に実現するトランスプロモ対応の帳票システム「ePromo」をクラウドサービスで提供する。

[TechTargetジャパン]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は1月5日、請求書や利用明細書などの帳票データを、指定したユーザーごとにWeb/明細書/圧着ハガキに出力できる帳票システム「ePromo(イープロモ)」をクラウドサービスとして提供開始した。

 請求書や利用明細書のスペースをマーケティングツールとして活用(トランスプロモ対応)でき、ターゲットごとに広告を掲載するOne to Oneマーケティングを実現。加えて、帳票の枠を自由に変更できるバリアブルフォームにも対応している。

 同社によると、ePromoを利用することで、従来発生していた紙代や印刷、郵送料金などのコストが最大75%削減できるという。2010年度中には、自動決済サービスの追加も検討している。

画像 ePromoの仕組み

 CTCは、2009年10月に米国郵便処理システム大手ピツニーボウズの100%子会社であるピツニーボウズ・ソフトウェア(Pitney Bowes Software)と販売代理店契約を締結。ePromoは同社の帳票自動生成ソフトウェアを用いて開発された。クレジットカード業、保険業、物流業、給与計算代行業務、カーリース/レンタカー/カーシェアリング業界などへ向け営業活動を促進し、3年間で10億円の売り上げを目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...