2010年01月07日 09時00分 公開
ニュース

CTC、トランスプロモ対応の帳票システムをクラウドで提供NEWS

伊藤忠テクノソリューションズは、One to Oneマーケティングと帳票コストの削減を同時に実現するトランスプロモ対応の帳票システム「ePromo」をクラウドサービスで提供する。

[TechTargetジャパン]

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は1月5日、請求書や利用明細書などの帳票データを、指定したユーザーごとにWeb/明細書/圧着ハガキに出力できる帳票システム「ePromo(イープロモ)」をクラウドサービスとして提供開始した。

 請求書や利用明細書のスペースをマーケティングツールとして活用(トランスプロモ対応)でき、ターゲットごとに広告を掲載するOne to Oneマーケティングを実現。加えて、帳票の枠を自由に変更できるバリアブルフォームにも対応している。

 同社によると、ePromoを利用することで、従来発生していた紙代や印刷、郵送料金などのコストが最大75%削減できるという。2010年度中には、自動決済サービスの追加も検討している。

画像 ePromoの仕組み

 CTCは、2009年10月に米国郵便処理システム大手ピツニーボウズの100%子会社であるピツニーボウズ・ソフトウェア(Pitney Bowes Software)と販売代理店契約を締結。ePromoは同社の帳票自動生成ソフトウェアを用いて開発された。クレジットカード業、保険業、物流業、給与計算代行業務、カーリース/レンタカー/カーシェアリング業界などへ向け営業活動を促進し、3年間で10億円の売り上げを目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。