2010年02月08日 09時00分 公開
ニュース

CTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版NEWS

CTCSPは、レプリケーションソフトウェアの最新版「新世代Double-Take」を発売した。物理/仮想サーバ移行作業、サーバシステムやデータのリアルタイム複製をサポートする。

[TechTargetジャパン]

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)は2月1日、データレプリケーションフェイルオーバーソフトウェア「Double-Take」(ダブルテイク)をリニューアルし、3つのツールで構成される「新世代Double-Take」として発売した。

 Double Takeは、高速データ複製機能によるWindows環境の継続的バックアップ、およびフェイルオーバー機能によるサーバの二重化(冗長化)によってビジネス継続を支援するソフトウェアだ。リニューアルした新世代Double-Takeでは、物理/仮想サーバを問わないマイグレーションツール「Double-Take Move」、リアルタイムのレプリケーション&フェイルオーバーツール「Double-Take Availability」、リアルタイムのバックアップツール「Double-Take Backup」の3つで構成される。仮想化環境でのビジネス継続性を考慮し、サーバ二重化やクラスタ化、データの長期および集中バックアップ化に対応する。

 Double-Take Moveは、新旧サーバの入れ替えやサーバ仮想化統合において、複数台の物理/仮想サーバをまとめて移行するツールだ。複数台の既存サーバを運用しながら、新しい物理/仮想サーバへ移行でき、わずかなダウンタイムでマイグレーションが可能である。データのみの移行は数分、システム領域を含んだ移行は15分程度で完了するという。移行先サーバにはライセンス料が不要。移行時だけの「30日間限定使用ライセンス」とし、移行ツールのコストを削減できる。

 Double-Take Availabilityは、運用サーバシステム(OS、アプリケーション、データ)を、物理/仮想環境を問わず、24時間リアルタイムでレプリケーションするツールだ。障害時や災害時には、素早く待機サーバに切り替えシステムを再開する。システムの復旧時間は最短で数分程度という。

 Double-Take Backupは、全国展開している店舗、工場などの拠点で日々発生するデータを、LAN/WANを問わずリアルタイムにレプリケーションするツールだ。バックアップ運用の一元化、古いデータのアーカイブ機能、サーバへの変更ログを保持し、そのログを利用することで好きな拠点から業務を再開できるCDP(継続的データ保護)機能を搭載している。

 新世代Double-Takeは、販売代理店で購入できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...