2010年04月01日 09時00分 公開
ニュース

レッドハット、最新プロセッサをサポートしたLinux OSの最新版を販売開始NEWS

最新プロセッサのサポートによりサーバのパフォーマンスや集約度を向上させた。レッドハットの仮想化・クラウドコンピューティング戦略の基盤となる製品。

[TechTargetジャパン]

 レッドハットは3月31日、Linux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.5」の提供を開始した。「Intel Nehalem EX」「AMD Opteron 6000 Series」「IBM Power 7」といった最新のプロセッサをサポートすることで、サーバの能力を最大限に活用できるのが特徴だ。

 Red Hat Enterprise Linux 5.5は、仮想化機能と組み合わせることで、高い集約度でサーバ統合が可能。UNIXからLinuxへのスムーズな移行を実現する。また、仮想マシンの共通API「libvirt」がサポートできるゲストの数を256以上に拡張しスケーラビリティを向上したことに加え、SR-IOV(Single Root I/O Virtualization)による10Gbpsのネットワークカードのサポートを追加し、大規模仮想化環境への対応を強化した。同社はこれらの拡張によって、以前より少ない数のサーバで多くの仮想マシンを実行できるようになったという。

 さらに、Sambaをアップデートし、Microsoft Windows 7との相互運用性が向上した。これにより、Active Directoryのユーザーとグループのマッピングが改良され、クロスプラットフォームでのファイルシステムの管理が簡素化された。

 Red Hat Enterprise Linuxの製品ラインアップと価格は従来と同じ。CPUソケット数/仮想化ゲスト無制限の「Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform」のサブスクリプション価格は1サーバ当たり年間19万5000円から、2CPUソケット/4仮想化ゲストまでの「Red Hat Enterprise Linux」は年間9万6800円から、1CPUソケットまでの「Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop」は25台当たり年間27万5000円から(すべて税別)。いずれもライセンスは無償で、テクニカルサポート・製品アップグレード・修正プログラムを含む。サブスクリプションの有効期間内にRed Hat Enterprise Linuxを利用した場合、追加料金なしで最新版にアップグレードできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...